さんしゃいん

阪神タイガース、access(浅倉大介+貴水博之)、河村隆一のことなど。
コメントは大歓迎です♪
ライブレポ集は→コチラ (2018/7/14 UP)
舞台観劇の記録は→コチラ (2015/07/24 UP)
2016/06/11 サイトをスマートホン対応(レスポンシブ化)しました。

ヒロソロアルバム完成!?


ソロアルバムがついに完成したようですね!
ずっとレコーディングしてたもんね。
HIROがすごーーく嬉しそう。
良かった良かった〜(^-^)

そして・・・


あれっ?
今までライブで披露していた曲たちがひとつもないwww

まあ、なんとなくそんな気はしてたけど、やはりか〜(^^;

オトナの事情ですよね、分かります!
女子グループが参加してたりするし。
それが次の活動に繋がるのなら、受け入れようではありませんか。

むかーーしヒロソロで「新曲歌います〜」と披露してそのままお蔵な曲もあったりするしね〜(;´∀`)


アルバムのジャケ写のサイズが大きいやつが!
影があってカッコイイ〜〜〜〜(*´ω`*)

HIROってこういうダークな感じだと色気が増すと思います。

そして新アー写も超カッコイイ!!!!!
目力ももちろんだけど、黒い羽根っぽいのが中二心をくすぐります。

・・・こんなに素敵にしてくれるなら、大人の事情も悪くないもんだわね!?(笑)


何も見えないから〜!wwww

とにもかくにも、アルバムすごーーく楽しみです♪
saku : 音楽・ライブ > access : 2018.08.05 Sunday : comments (0) : trackbacks (0)

7/29 河村隆一「50の物語」@中野サンプラザ

7月29日に行われた河村隆一「Ryuichi Kawamura Greatest Live 〜50の物語〜」中野サンプラザ公演に行ってきました。

「0列♪0列♪」と言いながらチケット発券しにいたら本当に0列が来ました!!!(笑)
そんなわけで、4時間半超〜〜〜間近で隆一を堪能しました。

少し前に大阪公演もあったけど、今回ほとんどネタバレなくて全然様子がわからず。
でもどの曲が来てもだいたい知ってるからまぁいいかと。
ひとつだけ、最近アコースティックなライブしか行ってなかったので、ずっと立ちっぱなしとは思わず・・。ヒールの靴で行ってしまったことを激しく後悔しました(;´Д`)
そうだよね、フルバンドのライブだもんね。

隆一は紺のチェックのネルシャツに白いTシャツ、薄いグレーっぽいジーンズといういでたちでした。
一曲目は「I love you」。
1曲目から総立ちで振りをしました。

隆一ちょいちょいこの辺見てくれる!(勘違い)
ああああ、カッコイイ〜!

その横にいる葉山っちが全身黒づくめの超王子で。
黒髪のショートカットだったし。
ブラウスがシースルーだし。
足超細いし。
ああああ、葉山っちもカッコイイよ〜!!!!

それからは好きな曲のオンパレード!
もちろん隆一の曲はだいたい大好きなんだけど、そのなかでも割と人気な曲たちが選ばれていたと思います。

なかでもわたしが一番好きな「CHANGES」が来たときはかなり舞い上がりました!(≧▽≦)
アルバムの端曲だし、今までそんなにやってくれることなかったのに、やってくれるなんて嬉しいよぉぉぉ!!!

歌うたびに隆一の歌声のギアが上がっていくのを感じました。
すごくステキな歌声だし、隆一の歌が大好きだと改めて思いました。

「深愛」がバンドバージョン&ラスト曲でないことにびっくりしましたが、バンドバージョンのラスト曲だったようで。
ここまで21曲を歌い切りました。


ここからはアコースティックコーナー。
「Love is...」から始まりしっとりと聞かせてくれます。

途中で休憩あると書いてあったけどずっとノンストップで進んいくので、
ずっと立ってるのもそろそろツライなぁと思っていたら、隆一が「言うの忘れてた。お座りください」と。
忘れてたんかーいと思いつつ、ヒールで足が限界だったので助かりました(^^;

バラードは全部で13曲歌いました。
ここのパートでは「七色」が圧巻でした。


ここでようやく20分の休憩です。
さすがにトイレは大行列で、わたしは暗くなると同時に席に戻って来れましたが、遅れている方がたくさん。
隆一は「まだ帰ってきてない人がいるから」としばらくMCをしてくれました。

隆一の衣装は黒地に白の水玉のブラウス、黒いTシャツ、白いパンツに変わっていました。

後半戦は「So Deep」からミドルロック的な曲が続きます。

隆一の歌声に若干疲れが見えましたが、それでも力強く歌い続けていました。

11年前に70曲歌うライブをやったときはやっと歌い切った。すごい!という感じだったのに、今や軽々とたくさんの曲を歌いこなしてるのすごくないですか!?
隆一半端ない!!!!!

「Glass」では圧倒的な存在感と歌唱力でひきつけられました。

時々額ににじむ汗が見えるのがセクシーです。
休憩のたびに水を飲むと同時にタオルで汗をぬぐっていました。

そして後半からドラムが沼澤さんに変わり、ドラムの迫力がすごかったです。

「そろそろ盛り上がっていこうかぁ!?」と煽ったあとは「F114B」。
ここからはアップテンポな曲が続きます。

「Tomorrow」や「ジュリア」は振りに影響があるところがアレンジが変わっていてちょっと戸惑いました。
でもジュリアダンスとかすっごい久しぶりにやったよ〜。
あー、河村隆一のライブはこうだったわぁ。(今更ながら)


アンコールでは、隆一は黒いシャツ、星のスタッズが2つついた黒いベスト、白いパンツ(先ほどと同じ)に衣装チェンジ。
葉山っちと二人で「Hope」を。
ファーストアルバムのラストナンバーですね。

バンドメンバーを呼び込んで、ラストは「Once Again」。
わたしは超〜〜〜〜久しぶりに聞けてうれしかったです。


MC

2〜3曲ごとにMCを入れるスタイルでした。

葉山っちのリスいじりは相変わらずでw

150曲のライブをやった後は突発性難聴になり、アスファルトのようなまずい薬を飲んだ。
そのことをLUNA SEAのメンバーに話すと、SUGIZOとJが「俺もいつも耳鳴りしている」と。
ロッカーは別に普通でなくていいんだよ〜!いやいや、やっぱりそこは普通がいいよね?と笑いあった。

ソロをやってたくさんの曲を作ってきた。
「昔と変わった」と言われることもあるけど、変わったって昔の曲もやるからいいよね?
ライブをやるにあたって、カタログは多い方がいい。

「歌を歌う人生を手に入れたことを感謝したい」という言葉が今日一番のハイライトでした。
こんなうれしいことはないですね。


***

4時間半、隆一の間近で大好きな曲をずっと聞き続けることができたのは最ッッッ高に幸せな時間でした。

とっても正直なことを言うと、途中わたしの集中力きれてぼんやりすることもあったけど(^^;;;;

だけど、隆一がずっと楽しそうに歌っていて、それがすごく良かったです。

シングルほとんど(9割くらい)やったと思うし、何よりも一番大好きな「CHANGES」を聞けたのは嬉しかったし(笑)
でももっと聞きたい曲たくさんあったなあ、なんて贅沢ですね。

色んな曲たちを聞いていると、その当時の風景を思い出します。
97年からのファンなので、21年分の思い出が(^o^)

隆一は「またやりたい」と言っているようなので、その時はまた参加したいと思います。

↑セトリを写したお写真が
saku : 音楽・ライブ > 河村隆一 : 2018.08.03 Friday : comments (0) : trackbacks (0)

access × TRF Joint Live@東京

昨日東京国際フォーラムで行われたaccessとTRFの対バンライブに行ってきました。
accessさんは6月の北海道ぶり、TRFさんは2012年のFNSうたの夏まつりの観覧以来ですね。

うたの夏まつりの時はTRFもaccessも出ていて、そして小室さんも出ていました。
今思えばすごい番組見に行ったなあと(^o^)
(当時のレポはこちら

平日ライブで参加できるか分からなかったのでチケット申し込まなかったけど、行ける見込みがたったのでネットで譲ってもらいました。


まずはTRFさん。
「Masquerade」からはじまり、往年のヒット曲のオンパレード!
当時アルバムも聞いていたから、ほぼ全曲知ってました。
懐かし〜〜〜〜〜!!!!!

yu-kiさんは短パンでおみ足が〜!
ETSUさん&CHIHARUさんは動きがなめらか〜!
KOOさんはハデハデw
そしてSAMさんの存在感がすごくてもう彼のダンスにくぎ付けです。カッコイイ〜!

TRFは小室さんが「カラオケに行ったときに盛り上がる」というコンセプトで曲を書いてたと思うので、カラオケのみならずライブでも盛り上がります。
流行してた当時は振り付けとか真似してたけど、だいぶ忘れてた(^^;w

「survival dAnce」ではaccessとのコラボ!
HIROが下のパートを歌ってるの新鮮!
でももうちょっとHIROにもメインパート歌ってほしかったなぁ。
(キー的に難しかったかな?)

15分の休憩の後はaccessさん。

「夢を見たいから」のリミックスから始まり、往年のシングルから最新曲、ライブの定番曲まで新旧織り交ぜてきました。
TRFが過去の曲をやるなら、accessは最新の音を届けるという対比が面白かったです。

曲数が少ないからその分HIROのボーカルがいつもより迫力すごくって!
これだから曲数が少ないライブも好きなんだよね(^-^)

歌詞がスクリーンに表示れてたんだけど、「Heart Mining」はちょっとあやしかたかな。
「AGAINST THE RULES」では完全にボーカルがズレていたよね(^^;
前回の北海道もそうだったけど、前回のライブとあいだが開くとHIROダメだね(笑)

だけど「夢を見たいから」の抱きしめるポーズがかわいすぎて悶えたし、「DRASTIC MERMAID」の歌い方がすごく良かったし。
相変わらずセクシー全開でした。

「MOONSHINE DANCE」では久しぶりに背中合わせで歌っていていました。
わたしはこれが大好き。

「CRAZY GONNA CRAZY」ではyu-kiさんを呼んで3人で歌いました。
TRFパートではオリジナルアレンジで歌ってくれたけど、今度はaccessリミックス!
HIROがyu-kiさんの肩を抱こうと手をまわしてるんだけど、なぜか遠慮がちなのがまたかわいい。

MCではaccessもTMからうまれたユニットであるという話が。
HIROがTMNの代々木第一体育館のライブに事務所の人と行って「あそこにいる浅倉大介という人がボーカリストを探してるらしいけど、会ってみる?」と言われて「はい、会ってみます!」と即答したというエピソードを話しました。


アンコールでは、accessとTRF全員が登場しました。
出てくるときに大ちゃんがyu-kiさんをエスコートしていて、HIROとSAMさんが手をつないで出てきました。

accessもTRFもルーツはTM NETWORK(小室さん)であるので、その代表曲を歌いますと「Get Wild '89」を。
yu-kiさんとHIROがかわるがわるで歌っていました。
キーはもちろん原曲より上がっていました。

最後、HIROのいつもの「帰り気をつけてね〜」「愛してるぜ〜!」が聴けたのが良かったです。


そして、ライブが終わると聞きなれた「Nights of The Knight」のイントロが流れると、会場から一気に悲鳴が。
まさかのイキな選曲が嬉しかったです。
(「Nights of The Knight」=”TMN”のラストシングル)


***

今回のTRFとaccessの対バンライブは初の試みだったんだけど、すっごく楽しかったです(≧▽≦)
やっぱりaccessもTRFもかなり聞きまくってたから(世代です)、ノー予習でも全然大丈夫でした。
(しかしaccessは選曲がロックだったな〜。ついてこれる人だけついてこい的な)

そして小室さんへの愛、リスペクトにあふれたステージだなと思いました。

accessもTRFも最後の曲で銀テープが発射されたんだけど、後方席で拾えず・・。
しかしaccessのときは同じ列の人が金テープを拾ってきてくれてGET!
そして図々しくも知り合いの方にお願いして譲ってもらいましたヾ(*´∀`*)ノ
みんなありがとう♪


ちなみにライブ後に配られたチラシにaccessの冬ツアーで中野が追加に!
これも行くとなんと12月は毎週accessらしい。
まあ当然行くでしょう!

saku : 音楽・ライブ > access : 2018.07.28 Saturday : comments (0) : trackbacks (0)

ヒロソロアルバム(^-^)

先週の土曜日、ワールドカップやらエグゼイドの小説やらで寝不足が続いていて、昼間だけどウトウトしていたところ、ヒロモバからメールが。

これはヒロオフィより
NEW ALBUM『Gimmick Zone』 8月22日(水)Release!

「仮面ライダーエグゼイド」挿入歌『Wish in the dark』『JUSTICE』、Vシネマ「仮面ライダーゲンムVSレーザー」主題歌 『Believer』 他、「仮面ライダービルド」挿入歌『Burning my soul』のカバーを含む全12曲入り。
NEW ALBUM『Gimmick Zone』を引っ提げてのツアー[8月26日〜9月16日]開催!

■発売日:2018年8月22日(水)
■タイトル:Gimmick Zone
■品番:GNS-1010
■価格:3,500円+税

【店頭特典】
貴水博之と仮面ライダークロノスの両面写真クリアファイル
*特典は先着順となります。なくなり次第終了となりますので、ご了承ください。
*各種オンラインショップは特典付与対象外となります。
*特典付与対象外の店舗もございますので、必ず予約・購入時にご確認ください。

おおおお、アルバムリリースきたー!!!!!

最近ずっとレコーディングしていたから「もしや?」と思っていたんだよね。
やったぁ!!!

Wikiを見ると、前回のオリジナルアルバム「GROW」から21年ぶりのリリースになるのかな?
「Best Destination」からでも7年ぶり。
キホンわたしはaccessで満足するタイプなんで、そんなに出てなかったとは〜です。

アルバムをリリースする「Genius Records」はヒロの事務所のプライベートレーベルっぽいですね?
(大ちゃんの「Darwin Record」的な)


特典の「仮面ライダークロノスクリアファイル」とビルド挿入歌「Burning my soul」のカバーが特撮ファンの方の心を掴んでいるようで、「ほしい!」と言ってる方を何人か見かけました。
エグゼイドは超人気なんで、クリアファイル欲しい方はもしかしたら早めに予約した方が良いかも?

わたしもいつもの山野楽器で特典が付くことを確認してご予約しました。

ライブで披露していた新曲たちがやっと音源化されるのかな?
たーのーしーみー!!!!!


去年だったか?
HIROがライブのMCで「昔はソロ活動はaccessと違うことを目指してやっていたけど、ソロでもaccessでも同じ貴水博之がやってるのだから違うことをしなくてもいいことに気づいた」みたいなことを言っていました。(HIROはもうちょっとうまいこと言ってたけど、わたしの表現がヘタですみません。)
近年はHIROが元々やりたいダンスミュージックなど、accessに近いジャンルの曲もソロで作ったりしているようです。
衣装だってaccessとそんなに変わらないし(笑)

HIROはいい意味で振り切れてよかったなあと思います(^-^)

今色々大変だと思うけど、今後の展開が楽しみです。
saku : 音楽・ライブ > access : 2018.07.04 Wednesday : comments (0) : trackbacks (0)

マイティノベルX

エグゼイドの小説「マイティノベルX」を読みました。
紙の本も買いましたが、電子書籍で全部読みました。

結論から言うと、めちゃくちゃ面白かったです!!!

脚本の高橋さんが書かれただけあって、エグゼイドの世界がそのまま活字になっていました。
小説の中でも永夢が、ポッピーが、飛彩が、その他みんなみんなそのままのキャラで生きていました。

個人的には大我とニコちゃんの掛け合いが大好き。

というわけで、エグゼイドのテレビ本編&トリロジー全部見た人にはぜひとも読むことをお勧めします!


以下ネタバレ。


永夢の過去はなかなかすごかった。

永夢とその父親の関係をさらにこじらせたのは檀親子のせいでした。

特に正宗は読んでて胸くそが悪くなるくらいどクズでした。
いや好きだけど〜。

トリロジーでちょっと良い部分が見れたけど、それをぶち壊してきましたね。
(時系列的にはトリロジーがいちばん最新だけど。)

正宗の闇について語れることはなかったので、色々想像をめぐらせてしまいます。


永夢が過去に事故にあったのはゲーム病のせいだけでなく、人生をリセットしてみたかったと、なんでもない理由から飛び出したから。
・・なんとなく気持ちは分かるかな〜。
わたしも「もし自分の人生や人間関係なんかをリセット出来たら〜」と妄想することはあるけど、無理なことは知っているわけで。
しかし子どもの永夢にそんなことはできないと理解できなかった。

だけど永夢は恭太郎先生と出逢い、いろんな意味で救われました。

今テレビ埼玉でエグゼイドの再放送をやっていて、ちょうど今日は9話の放送でした。
恭太郎先生がゲーム病に感染してCRに搬送されると、永夢が恭太郎を救おうと必死になっていました。
その様子を見ると涙が( ;∀;)


そして永夢と黎斗との関係。
彼らは永遠にクリエイターとゲーマーの関係であり続けるという決着が良かったです。



まだ一度しかちゃんと全部読めていないので、もしかしたら違う個所もあるかもしれませんが(^^;

とりあえずお好み焼きが食べたいです。
saku : 仮面ライダー : 2018.07.01 Sunday : comments (0) : trackbacks (0)
1 : 430>>

Copyright © 2004 SimpleBoxes. All Rights Reserved.
▲page top
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
New Entries
Categories
Recent comment
Profile
Others