さんしゃいん

阪神タイガース、access(浅倉大介+貴水博之)、河村隆一のことなど。
コメントは大歓迎です♪
ライブレポ集は→コチラ (2018/11/17 UP)
舞台観劇の記録は→コチラ (2015/07/24 UP)

10/27 貴水博之ライブ@渋谷ストリーム

続きを読む
いよいよヒロソロ追加公演ファイナル!
渋谷ストリームホールという新しくできたライブハウスに行ってきました。

オープンしたてで情報があまりないので簡単にどんな場所だったかを書くと、
渋谷ストリームホールは商業施設に併設されていて、グッズや入場前待機もすべて屋内なので天候を気にしなくて済みそうです。
渋谷の街自体が2018年現在工事中でダンジョンになっているのでJRからだとかなり行きにくいです(^^;
東横線(副都心線、半蔵門線)からだと16番出口出てすぐなので、そちらの方が分かりやすいかも。
ロッカーは開場直前に行ったけど結構空きがありました。
入場すると階段をかなり上り、5階部分にドリンク交換所が。
ドリンク交換所は入場の導線から離れた場所にあるので、急ぐ人はドリンク交換はライブ後にした方が良さそうです。
そこからエスカレーターで上り、いよいよホールへ。
横長、フラット、ステージ低めです。柵などによる区切りはありません。
退場は通路が狭いので結構時間がかかります。急ぐ人は早めに出口へ行った方が良さそうです。


そんな真新しい会場に着くと、ファイナル用に書き下ろした、HIROの手書きのボードが・・。



ハロウィン?シークレット???
ナニか特別なことやるのかなと期待が高まります。

番号が割と後ろの方だったので、後方で見ました。


HIROYUKI TAKAMI TOUR 2018 Love&Victory
-New Gimmicks, Upper Standing Zone-
2018年10月27日 渋谷ストリームホール


Gimmick Zone
Wish in the dark
FEEL THIS LOVE
サイコウガール
Thin Moon
Deep×Collage
One Love
NAKED
piece of truth

Believe,
LABYRINTH〜ラビリンス〜
ミステイク
Believer
ride on love.
SILENT MOON
Final Wish
Burning My Soul
Everyday
? (question)

(アンコール1)
JUSTICE

(アンコール2)
I&I
Avenge Ocean
目を覚ませ
Yahho!

サポートメンバー
キーボード:守尾崇
ギター:清水武仁(しーちゃん)
ドラム:柴田尚(しばちゃん)
ベース:西川響(from「ジェッジジョンソン」)


「Gimmick Zone」イントロが流れると、下手からHIROが現れました。
明かりがつくと、ツアー本公演より衣装の羽根がカラフルになってる!(赤、青、緑の羽根が増えていた)

2曲か3曲歌ったあたりで、衣装の羽根がいつもと違うという話を。
後ろを向いたときに羽根の位置がずれていて直せなかったのでそのまま上着を脱ぐことに。
背中スケスケでセクシー(*゚∀゚*)

HIROの髪型も後ろ髪がきれいに刈り込んであって、あらためて後ろ髪がないHIROも新鮮。

動きが相変わらずセクシーで、シャツから肩を出したりもうたまりません!(*´ω`*)

「Deep×Collage」は最初にZeppで見たときは笑ってしまったけど、今や完全に「ヒロ子」ていう女性らしい動きになっていました。

「One Love」はなんと今回ヒロ自らアコースティックギター弾き語りに挑戦していました。
暗転中にギターをセッティングして、いざ弾こうとしましたが・・・「ゴメン、見えな〜い(^-^)!!」と。
するとスポットライトが照らされました。
どうやら暗くてどこをおさえるのか分からなかった模様。
かわいすぎかっ!
ギターは結構トチっていたし、2番のAメロなんかはつまっていたけど(笑)、まあ頑張ったと思う。
まだまだ弾き語りは無理そうですね。

「NAKED」はサポメンの生の音だけ(打ち込み音なし)で演奏しました。

後半戦、いつもは「JUSTICE」から始まるのに、今回は「Believe,」が。
Believe,もすごく好きだけど、「あれ?JUSTICEやらないのかな??」となりました。

エレキギターを受け取り「LABYRINTH」。
これも今ツアー初めてですね。ギター弾きながら歌うのもまた新鮮です。

日替わり新曲(未音源化曲)は「ミステイク」。
この曲はかわいいし振り付けもあり、盛り上がります。

「Believer」は何度聞いても素晴らしいです!
力強いHIROの歌声にすごく引き込まれます。

「Final Wishは追加公演でやる」という予告通りに歌ってくれました。
歌が始まるときにスクリーンが降りてきて、そこに歌詞が映し出されたのでバッチリ掛け合い歌えました(笑)
(曲の女性パートをお客さんが歌う)

続いて「Burning My Soul」。「Final Wish」やったから歌わないのかな?とちょっと思ったけど、ちゃんとやってくれました。
これもHIROとお客さんの掛け合いです。


アンコールのあと、サポメンがまず出てきたんだけど、薄明りの中みんなハロウィンの被り物をしていて(カボチャや魔女の帽子)、これはまさか!?と期待が高まります。
するとダーク声のHIROのアナウンスが。「今夜はハロウィンナイト、私を仲間に入れない者はァ、ん絶版ダァァァァ!!!!」

そこに現れたのはなんと、檀正宗!!
ぎゃあああああああああ!!!ヤバイぃぃぃぃ!!!
まさかハロウィンコスプレで檀正宗とか!!!
もうその姿見れないと思ってたのに!!
もちろん、会場のお客さんも大喜びです。

テレビで着てたのより薄いグレーの3ピースのスーツ、白っぽいシャツ、赤いネクタイといういでたちでした。
(ピンバッジはしてなかったような?)
髪型はなんだか今の貴水博之ぽい感じになってたけど。

「貴水博之は楽屋でシメてきたァ。私がストリームホールのルールダァ!!!!!
 そして歌うのはもちろんJUSTICEゥ。皆も歌うがよい(^-^)」

ここで檀正宗が歌うJUSTICEが聴けるなんて!!
わたしず〜っと檀正宗の衣装で歌うHIROずっと見たいと思っていたんだけど、ついにその願いが叶いました(≧▽≦)

出だしは正宗声で低く歌ってたけど「これはダメだ」と思ったのか、途中からいつものハイトーンボイスで歌いました。
頻繁に正宗ポーズとか正宗風の煽りを入れてくるしなんだか面白いwww
お客さんにマイクを振った時は「(声が)聞こえないナァ」とか言うしw

もう目つきとか表情とか動きとか全部「檀正宗」で、ホント正宗さんがそこにいるような感覚になりました。
よく幻夢コーポレーションの忘年会とか株主総会の余興で正宗社長の歌謡ショーが行われてるんじゃないかとか言われていたけど、まさにそれが実現されたんだなと思いました。
わたしは正宗さんも大好きなので、夢のような時間でした。
思わず「マサムネ〜!」とコールしました。
どさくさに「絶版おじさ〜ん」も叫んだけどw


「私は長居が嫌いなのでこれで帰る」というようなことを言うと、会場は「え〜っ」と。
「貴水博之が拗ねるから大声でアンコールをするのだぞ」と指令が。
「今日は盛り上がったからノー絶版ダァ!」と叫んで正宗さんは帰っていかれました。


二度目のアンコールのあと、ハロウィンの被り物を取ったサポメンが現れて明るくなると、黄色いツアーTシャツで両手を縛られて口に白いテープを貼られたHIROが現れました。
「檀正宗にやられた〜(><)」と。
縄はしーちゃんにほどいてもらっていました。
なかなか芸が細かいですw

「みんな檀正宗の方が良かったの?」とちょっと拗ね気味なHIROw

種明かしをすると、前日のミーティングでハロウィンのコスプレをどうするかという話になり「檀正宗がいいんじゃないか」と。
そこで東映さんに電話して大丈夫か確認したら「檀正宗の衣装は全然OKだけど、写真はNG」とのこと。
そんなわけで、あの正宗さんはライブに来た人だけのもののようです。
もったいないけど、そこは仕方がないですね。

そこからMC。

Gimmick Zoneの宣伝をしっかりしつつ。
グッズの宣伝もぬかりなく。

ラバーバンドは普段街を歩いているときもつけています。もし街で見かけたら声をかけてください(^-^)
お客さん「どこにいるの〜?」
HIRO「それは言えない(^-^)!」

UTAGE収録の話。
郷ひろみさんと生まれて初めて一緒に歌ったとのこと。
予定ではHIRO一人で最後まで歌うことになっていたらしく、ダンスも最後まで覚えてきていたそうで。
郷さんの登場はサプライズで事務所スタッフからも教えてもらえなかったようです。

そしてDA PUMPの「USA」をMAXの皆さんとコラボしたとのこと。
振りが早くて難しいらしく、覚えるのに3週間くらいかかったそうです。
UTAGEのスタッフさんには何でもやるから早く教えてほしいといつも言っているようです。

昔は感じていなかったけど、今は歌うことがすごく楽しい。
もっと早く気づけばよかった。
(その通り、今のHIROはのびのび楽しそうに歌ってて見ていて嬉しい気持ちになります)

今回初めて渋谷ストリームでライブをやったこと。
「新しいもの好きだから、ここでできて嬉しい」
みんなスタンディングのライブと椅子ありとどっちがいいの?と。

わたしはHIROが見れればどっちでもいいかな。
椅子ありは荷物とかラクだし、スタンディングだと好きな位置で見れるしライブ感高くて良いかなあと。

メンバー紹介。
メンバーによると「他のアーティストだと自分よりサポメンが自分より目立つのがダメな人がいるけど、HIROは違う。サポメンこんなに話を振ったりする人は他にいない」とのこと。
そういえばわたしがよくライブ行ってる河村隆一もHIROみたく話を振るタイプ(ていうかサポメンいじり?w)だから、あまり気にしたことなかったなあ。

そして気づかなかったんだけど、ベースの西川さんがしょっぱなにスピーカーとともにステージから落下したとのこと。
HIROもステージから落ちて大けがをしたことがあるので、すごく心配していました。
西川さんのツイッターによると、ライブ後病院に行ってCT検査などを受けたけど大ごとではなかったようで。


ここからはいつものアンコール。
「I&I」から「Yahho!」を歌いました。

「Yahho!」の最後はサポメンをみんな前に出すために、HIROがドラムセットに入ってドラムを叩きまくっていました。
(残念ながらわたしの位置からよく見えず/(^o^)\)
最後はドラムのしばちゃんのジャンプで〆ていました。


ラストは恒例のマイクレス「I&I」(アカペラ)。
いつもよりHIROの想いが歌に込められている気がして、聞いていてなんだかウルウルきました( ;∀;)
HIROマイクなしでもこれだけ歌えるのはやっぱりすごい!!
歌手として本当に素晴らしいなあと思います。

恒例の「愛してるよ!」は若干ダークな声で言ってくれた気がします(^-^)

音楽・ライブ > access : 2018.11.17 Saturday : comments (0) : trackbacks (0)

仮面ライダージオウ9話&10話

続きを読む

え、ジオウに檀黎斗が出るの!?
しかも「アナザーオーズ」だって!?
何それ!

てわけで、9話&10話を期待して見ました。
(いちおうジオウも初回から毎週見てます)

檀黎斗は父親が亡くなった後、会社を継いだとのこと。
アナザーオーズと化した黎斗が父親と思しき人物を手にかけ「思い知ったかぁ〜!」と。

え、ナニコレ!!!
黎斗の父親=檀正宗は絶版になったの!?!?

ちなみに首を絞められていた人は「アナザー檀正宗」(貴水様ご本人ではない)です。


10話では、「檀正宗さん(55)が行方不明」という新聞記事が出て、そこに正宗パパのお写真がでてキャ〜!
お写真だけだけど、朝から貴水様=HIRO見れた(≧▽≦)!!!!
(なお、HIROの年齢は49歳です。ジオウ世界でも若々しい正宗さん)

ジオウ世界でも息子へのプレッシャーがすごくて、黎斗はそれに耐えかねて正宗を手にかけてしまったようで。
なんかツラい( ;∀;)

黎斗は正宗のことを「ちょっとやそっとのことでは折れない凛々しい人」と評していたり。
「このままではパパを見返すことができない!」と苦悩していたり。

黎斗は正宗パパのことが好きなのに、偉大すぎてそこに追いつけないもどかしさを常に感じていたのかなあ。

なんかしんどいですね。(語彙力なし)

9話も10話も放送時に「絶版おじさん」がツイッターのトレンド上位に入っていました。
絶版おじさん人気でなんだかうれしい(^-^)

なにこの二人とも含みのある感じ!?
仮面ライダー : 2018.11.15 Thursday : comments (0) : trackbacks (0)

UTAGE 秋のリクエスト祭り

続きを読む
11月7日放送の「UTAGE 秋のリクエスト祭り」を見ました。

われらが貴水博之様=HIROはひな壇では中居くんの横というおいしいポジションにいました。
おかげでよく映ります♪

まずは昭和のヒット曲メドレー。
HIROはトップバッターで森進一の「冬のリヴィエラ」を歌います。
相変わらずの「盛り(森)過ぎ」で、ホント面白い!
いつも全力なHIROが大好き。

翌日のaccessのニコ生によると、HIROの森進一を見た石橋貴明が裏で大ウケしていたとか?
中居くんも大ウケだったし、HIRO良かったね♪


そしてそしてトリもHIRO!
郷ひろみの「お嫁サンバ」を歌います。
これもヒロミゴーにかなり寄せていました。
「ゴーゴー」言いながらステップをキメています。

最後のサビに入る前にスモークが吹き出し、ひな壇の最上段に郷ひろみご本人が登場!
ガチでそのことを知らされてなかったHIROがフリーズしてました(笑)
(先日のライブのMCによると事務所の人も誰も教えてくれなかったらしく、ガチのサプライズだそうです)
ヒロミゴーがHIROのそばに駆け寄ると、HIROはその場で土下座。
でもすぐに郷さんが起こしてくれました。いい人!
郷さんが最後のサビを歌い、HIROが「ゴーゴー!」と合いの手を入れると、中居くんがHIROをしばいてましたw
HIROも盛り上がりつつも肩がすくんでいたし顔はかなりこわばってましたね(笑)

そのあとヒロミゴーが「2億4千万の瞳」を歌って、スターの貫録を見せつけていました。
なんと今年63歳とのこと。正直見えないです。

歌い終わった後HIROがどぎまぎしながら「小学校からのファンです」「お慕い申し上げています」と。
「お慕い申し上げています」を2回言ったので郷さんから「それさっき聞いたよ」と。
HIROテンパりすぎて面白い(^-^)

郷さんが「僕より僕だった」とか、放送後のコメントで「貴水さんが小学生のころからファンと言ってくれて嬉しかった」というようなことを言ってくれて、郷さん懐の広い素敵な人だなあと思いました。


ダンスに挑戦のコーナーではHIROがMAXの4人と一緒にDA PUMPの「U.S.A」の振り付けを完コピに挑戦していました。

本放送前の「UTAGEナビ」では、ダンスに苦戦するHIROの様子が流れました。
HIROってキホン努力しているところを見せないから、もがいている姿を初めて見た気がします。
振りが早くて難しく、運動量も高いのに、その上踊りながら歌うのでかなり難易度が高いです。
最初のソロ練習で振りについていくのが大変で、歌がおろそかになっている様子が映っていました。
ちなみに練習の時はソロツアーのグッズのラグランTシャツを着て、腕にはラバーバンドをはめていました。
HIRO「ISSAさんの振りはおかず(遊び)が多くて大変」と言っていました。
MAXの4人の合わせでは、「膝に来る」と会話していました。

そして本番。
HIROの紹介VTRでaccessの「夢を見たいから」が流れて若干こそばゆい感もありつつ(笑)

HIROの口がずっと半開きだったりして余裕がないくらい一生懸命なのがとても伝わりましたが、それでも振りはほぼ完ぺきにこなしているように見えました。
歌も普段に比べれば軽めに歌ってたけど、それでも息切れすることなく最後まで歌い切っていました。
MAXの4人との息もピッタリ。ソロパートのダンスもキメたし。
HIROほんとうにすごいよ!!!!!!
アラフィフのおじさんなのにあんな難しいダンスをやりきるなんて!

もうずっとテレビにくぎ付けで、終わった瞬間テレビに向かって拍手しちゃいました。
そのくらいすごかったです。


今回のUTAGE、HIROの扱いがめちゃくちゃ良くて!
ひな壇での位置もだけど、CM前の予告で「このあと貴水博之が〜」みたいなのが2回もあったし。
「U.S.A」は裏番組(相棒とか)が終わったタイミングで流してくれたし。
郷ひろみドッキリを仕掛けられたり。
HIROほんとすごい重宝されてるなと感じました。

HIROの何事にも全力でやる姿勢、面白さ、人柄といろんな面が支持されているのかなと思います。
そんなHIORがファンとしては誇らしいです。

そういえば以前HIROがDAIGOに間違えられたて言ってたのを思い出したw
音楽・ライブ > access : 2018.11.10 Saturday : comments (0) : trackbacks (0)

ヒロソロファイナル行ってきた

続きを読む
この間の土曜日、貴水博之ソロライブ@渋谷ストリームホール行ってきました!
ヒロソロツアーファイナルです。

いやぁ、もうなんといってもあれでしょう!
檀正宗様降臨!!!
(めずらしく大文字で)

ハロウィンてことで、東映さんの許可取ってやってくれました。
しかも檀正宗の姿で「JUSTICE」歌ってくれるし!

もう檀正宗の姿で歌ってほしいとずーっと思ってたから、それがかなってめちゃくちゃ嬉しいです!!!!!!!

HIROありがとう(≧▽≦)


そして最後のマイクレスでの「I&I」は超良かった!
今まででいちばん響いたよ( ;∀;)

他にもギター弾き語りだったり、セクシー全開だったり、かと思えば愛くるしいし。
HIROは愛すべきエンターテイナーです。


そんなライブの様子をまとめてるんだけど、しばらくアップできそうにないので、とりあえず簡単に書きました。
音楽・ライブ > access : 2018.10.29 Monday : comments (0) : trackbacks (0)

10/25 河村隆一ライブ(カップリング)

続きを読む
久しぶりにマウントレーニアのライブに行ってきました。
隆一がブログで「仮装パーティにしたい」と書いていて、これはゼヒ隆一のコスプレが見たい!と参加しました。
わたしは席が真ん中くらいだったし、前日まで風邪で寝込んでいたので、コスプレは過去にやった魔女を軽めに。
お客さんみんな思い思いの仮装で来ていて、見ていて楽しかったです。

↑この日はこれの2枚目、隆一はマッドハッターのコスプレでした。(死神は前日のもの)
カワイイ(*´ω`*)
でも帽子は邪魔だったみたいですぐ脱いでました。

葉山っちのリスもフサフサでカワイイ。

ちなみにお写真には写っていないけど、スタッフさんがマリオとルイージのコスプレをしていました。


RK Live2018 at Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE #007 (2nd st.)

Flight
Hello Hello
CIELO
generation
Open your heart
Stay with me
深月に恋文したためて
Missing you
confession
最後の口づけ
(アンコール)
BEAT
in the sky
自由な人
深愛

サポートメンバー
キーボード:葉山拓亮
Aギター:福田真一朗
Eギター:菰口雄矢


コスプレしていても、隆一節は健在です。
ただ、ちょっと隆一も風邪気味だったみたいで、声が若干枯れていたけど。
それでも包容力があって、時には甘く、時には力強く歌っていました。
時々囁くような歌い方をして、ちょっとドキッとしました。

カップリング曲中心ということで、表題曲を作った時のエピソードを話しながら歌っていました。

隆一がMCで話した内容だいぶ飛んでしまったけど(^^;
ピアノでの作曲を初めてギターとは違うアプローチで曲作りができるようになったことが印象に残りました。

本編は全部座って聞いて、アンコールはスタンディングで聞きました。
まさか「BEAT」とか聞けるとは、意外でした。

ラストの「深愛」は最初の「ラララ〜」のところをマイクレスで歌ってくれました。
これぞ河村隆一!

最後に帽子をかぶり、笑顔で手を振ってくれました。
「みんな愛してるよ〜!」



隆一のライブにいくといつも歌のテクニックがすごくて、引き込まれます。
そのなかで「Stay with me」「深月に恋文したためて」と大好きな曲が聴けてすごく嬉しかったです(≧▽≦)
隆一のカワイイ姿も見れて、楽しいライブでした♪
音楽・ライブ > 河村隆一 : 2018.10.26 Friday : comments (0) : trackbacks (0)

9/9 貴水博之ライブ@名古屋

続きを読む
昨日名古屋のヒロソロライブに行ってきました。
なんとわたくし、ヒロソロで遠征するのは初めてのことです。

まあ今まで大体東京でしかライブなかったしね(笑)
今回新しいアルバムが出るとのことで、思い切って遠征しちゃいました♪

ライブ前後にひつまぶしときしめんを食べました。

席は東京とあまり変わらないくらいな感じ(PA卓付近)でした。



↑HIROのサイン入りポスターと手書きボード

HIROYUKI TAKAMI TOUR 2018
Love&Victory 〜シンキョクsoloエテstage up!!〜
ダイアモンドホール

Gimmick Zone
Wish in the dark
FEEL THIS LOVE
サイコウガール
Thin Moon
Deep×Collage
One Love
NAKED
piece of truth
JUSTICE
New Days
Mistake
Believer
ride on love.
SILENT MOON
Burning My Soul
Everyday
? (question)

(アンコール)
Super Goddess
I&I
Avenge Ocean
目を覚ませ
Yahho!

サポートメンバー
キーボード:守尾崇
ギター:清水武仁(しーちゃん)
ドラム:柴田尚(しばちゃん)
ベース:西川響(from「ジェッジジョンソン」)


1週間ぶりなのに、すごく久しぶりのような気がして。
でも相変わらずHIROはカッコイイ!

衣装から透ける二の腕の筋肉が素敵だし。
今日はシャツをはだけてナマ肩まで出してきて(*ノωノ)キャッ
HIROってほんとセクシー!

お歌は最初ちょっと声かすれてるかな?と思ったけど、歌うにつれてギアが上がってくるとすごくキレイな声になっていました。
むしろ絶好調じゃないかな。
今日のHIROのバラードの歌声がすごく甘くて、メロメロにとろけそうです。

未音源化曲のところ、名古屋は「Mistake」でした。
結構人気なので、曲が始まった時は歓声があがり、会場はすごい熱気に包まれました。
イントロでHIROが振り付けを軽くジェスチャーしてくれてて、みんな振りはバッチリです。

そこからの「Believer」。気持ちを切り替えるのが大変でした(^^;
HIROはよくここ連続で歌えたなあと思います。

「Burning My Soul」では、女性パートをお客さんが歌うんだけど、HIROはイヤモニをしているから実は我々の歌が全然聞こえていないらしいですw
でも、後でライブの録音を聞いたら、みんなすごく大きい声で歌っていて嬉しいと。
「今日はイヤモニを少し外して歌ってみようかな」と外してみんなの歌声をしっかりと聞いている様子でした。

サポメンのソロコーナーでは守尾さんがピアニカを吹いていました。
でもちょっと音量が小さかったのが残念(^^;

アンコールでは、わたしはその場面を見てないんだけど、しーちゃんが転んだみたいで、HIROが慌てて駆け寄ってしーちゃんのケーブルなんかを直してあげていました。

全曲を歌い終わった後、HIRO一人がステージに残り、この日も「I&I」をマイクレスのアカペラで歌ってくれました。
みんながHIROの生声を聞こうと静かになったのが良かったです。


MC

西川さんの奥さんがボイストレーナーなので、そのレッスンを受けに行っている。
奥さんから教わった高い声を出す方法が、昔自分が編み出したのと同じだった。
その方法で声を出すとズルしてるみたいだと思ってずっと封印していた。

まだ音源化していない曲もあるので、次のアルバムに入れたい。
いつくらいに出したらいい?すぐが良いの?
でもaccessの活動が優先だから(^-^)

グッズに入っている「U」のマークがお気に入り。

グッズはもっと派手にした方がいいですかね?
パステルカラーとか?でも年齢的に似合わないか(^-^)←さらっとヒドイこと言った

バングルは脱着にいつも2分くらいかかる。


サポメン紹介で

西川さん
ある作業について「どうなってるんだ?」と聞かれて「光の速さでやります」と答えたら、以降なんでも「光の速さでやって」と言われる。
→しかしHIROはこの話が理解できないようだったw

しばちゃん
ライブで演奏しているときにお客さんと目が合うんだけど、みんなすごく楽しそう
→HIROはその話を聞いて涙が出るくらい爆笑してた

もりおさん
→次のアルバム楽しみにしていてください!!


*****

名古屋のライブもすっごく楽しかったです(≧▽≦)

HIROは年齢を感じさせないアクティブさとパワフルさを兼ね備えていてほんとうにすごいです。
歌声もすごくキレイな声をキープしているし。
きっとそのためにすごく努力してるんだろうなあと思います。

(毎回同じこと思っている気がする)

HIROが良い意味で力が抜けた感じで歌えているのは、「こうすればうまく歌える」という、自分の歌い方をきっちり確立できているからだろうなとMCを聞いていて思いました。

のびのびしている感じが見ていて気持ちが良いです(^-^)

本当にカッコイイ男になったなあとあらためて惚れてしまいます。


次は追加公演の渋谷に行きます♪

音楽・ライブ > access : 2018.09.16 Sunday : comments (0) : trackbacks (0)

9/2 貴水博之ライブ@東京

続きを読む
ヒロソロツアー、Zeppダイバーシティに行ってきました!
ソロのフルライブは1年ぶりです。

グッズはTシャツ、タオル、バングルライトのライブに必要な3点セットをお買い上げしました。
HIROの要望で作られたものとあって、どれも良い感じです(^-^)

席は1階の真ん中くらいでした。


HIROYUKI TAKAMI TOUR 2018
Love&Victory 〜シンキョクsoloエテstage up!!〜
Zepp DiverCity Tokyo

Gimmick Zone
Wish in the dark
FEEL THIS LOVE
サイコウガール
Thin Moon
Deep×Collage
One Love
NAKED
piece of truth
JUSTICE
New Days
Celebratory Sky
Believer
ride on love.
SILENT MOON
Burning My Soul
Everyday
? (question)

(アンコール)
Super Goddess
I&I
Avenge Ocean
目を覚ませ
Yahho!

サポートメンバー
キーボード:守尾崇
ギター:清水武仁(しーちゃん)
ドラム:柴田尚(しばちゃん)
ベース:西川響(from「ジェッジジョンソン」)


「Gimmick Zone」のイントロが流れ、バンドメンバーがステージに。
そして中央のゲートが開くと、HIROが「Gimmick Zone」のアルバムのジャケ写ポーズをキメていました。

キャー!カッコイイ!!!!!!!(*゚∀゚*)

なんなの、出てきた瞬間にカッコイイとか!
衣装も全身黒で、もうとにかくカッコイイ!

「Wish in the dark」は黎斗のイメージソングということで、紫の照明が。
1月にあった「超英雄祭」でも披露していました。

前回のアルバム「Best Destination」から「FEEL THIS LOVE」と「サイコウガール」が。
「サイコウガール」はマイクスタンドに向かって腰をくねらせるセクシーポーズが。

「Thin Moon」では、テーブルに置いてあった赤いマラボーを首にかけると、サビで両手に持ってシェイクしていました。
その動きがもうおかしくて、大爆笑!
なんで、この曲で、それやるのwwww

「Deep×Collage」はロングトーンシャウトもセリフもラップもCDと同じで、ライブでこれやるHIROすごいなぁと。
MCで「歌うのにすごい気合い(体力?)がいる」と言っていました。

「One Love」はアコースティックギターを弾きながら歌いました。

「NAKED」はアコースティックアレンジされていて、歌メロも少し変えていました。
このバージョンもすごく良い!!!
グっと引き込まれました。

「piece of truth」の後にHIROは一度引っ込み、バンドメンバーの演奏が。
それぞれのソロパートがありカッコイイ。

後半の始まりは「JUSTICE」。
お客さんとの掛け合いが多めでした。
HIROが白いブラウス+黒いジレに衣装チェンジしていました。

「New Days」は日替わり曲のようです。
エレキギターを弾きながら歌っていました。

「新曲を歌いまーす」と「Celebratory Sky」。
去年のライブでも歌われた未音源化曲です。
(厳密にいうと新曲ではないけどw)

「Believer」はエグゼイドトリロジーのエンディング曲。
このときの迫力がすごくって、引き込まれました。
こんなに力強く歌えるHIROすごい!

「節目の、とても大切な曲」と「ride on love.」。
その通り、とてもじっくりと聞かせてくれます。

「Burning My Soul」は歌詞がスクリーンに表示され、女性パートをお客さんが歌います。
しかしスクリーン表示の青がHIRO、緑がみんなで一緒に歌うところだったらしいけど、青と緑の差が分かりづらかったです(^^;.

「Everyday」のあたりかな?
HIROがジレを脱いだので、スケスケのシャツからtkbが覗いてキャー(*ノωノ)

「? (question)」では途中にそれぞれのメンバーソロパートがありました。

アンコールの後、HIROはツアーTシャツで登場しました。

「Super Goddess」では笑顔をキメるところで森進一が降臨していました。
(この間テレビでコロッケ並みのモノマネしていた)
生で見ると破壊力すごいですw

「Avenge Ocean」はわたし的に今回のアルバムで一番好きな曲なんだけど、ライブで聞くとさらに良いなあと好きになりました。

「目を覚ませ」「Yahho!」はタオル回しがありました。

メンバー全員でおじぎをして、サポートメンバーが去り、HIRO一人だけに。

するとマイクレスのアカペラで「I&I」のサビを歌ってくれました。
あれだけライブでずっと激しく歌い動いていたのに、最後にこれをするパワーがあるなんて、HIROすごいなあと思いました。
そして生の歌声を届けてくれるのはすごく嬉しいです。


MC

グッズは女子に着てほしいデザインにした。

僕は一生クロノスです。エグゼイドを忘れるものはぁ〜絶版だぁ〜!(目が正宗入ってた)

ジオウもオファーがあればいつでも駆けつけるのでよろしくお願いします(^-^)!!

今回エイベックス様の協力があってアルバムを出せた。
(関係者がいたのでかしこまっている)
歌詞はスラスラかけた。
エイベックスの人は仕事が早くて、要望にすぐに応えてくれる。

「Thin Moon」はしーちゃんが歌詞をちゃんと読まずにアレンジしたらああなった。

昨日大ちゃんのソロライブだったんでしょう?
会場から「一昨日」という声を聴いてしまった〜!と慌てるHIRO。
どうだった〜?(^-^)

子どものころから歌手になるのが夢だった。

最近新しいアコギのいいやつを買った。
今持っている野望として、いつか弾き語りライブをやりたい。


----------

1年ぶりのヒロソロ、今回もすっごく楽しかった!
HIROがのびのびと楽しそうに歌うので、見ているこちらも幸せな気持ちになります。

HIROは長年の積み重ねてきたキャリアがあるので、いい意味で気が抜けた緩い感じでライブができているなと思いました。
(ベテランの余裕みたいな)

ライブがあまりに楽しくて、翌日ずっとニヤニヤしてる気持ち悪い子になっていました(^^;(笑)

次はなんとヒロソロ初の遠征!名古屋に行きます♪

↑なんだかHIROだけ異次元感w
音楽・ライブ > access : 2018.09.08 Saturday : comments (0) : trackbacks (0)

Gimmick Zone

続きを読む
というわけで、21日にアルバムをゲットしました!
もちろん予約していたのでクロノスのクリアファイルももらいました♪
早速ウォークマンに取り込んで聞きました。

ちょい辛口めな感想です。

1.Gimmick Zone
まず聞き覚えのあるメロディのイントロにびっくり。
これエグゼイドのサントラの曲じゃん!
「仮面ライダーエグゼイド TVサウンドトラック」Disc3の「Melody of sorrow」が原曲だと思います。
からの、疾走感のあるアレンジに乗せてHIROのハイトーンボーカルがさく裂!(高音コーラスも何気にすごい)
すごい、カッコイイ!!

2.Wish in the dark
1曲目でエグゼイドのサントラ来たと思ったら、そこからのゲンムの曲!
この曲順を考えた人は天才では!?

3.Burning My Soul (ats-,清水武仁&渡辺徹Feat.貴水博之&AXL21)
またまたライダーシリーズ、「仮面ライダービルド」の挿入歌のカバー曲。
女性ボーカル一人だけずば抜けている子がいますね。
でもとても正直に言うとHIROひとりだけで歌うバージョンも聞きたかったなあ。

4.piece of truth
壮大なイントロから始まるバラード曲。
歌詞の世界観が「Best Destination」に収録されている「YOU」とダブってるような。

5.JUSTICE
檀正宗!これは超名曲です!!

6.Deep×Collage
HIROのハイトーンボイスがすごーく気持ちのいい曲です。
HIROのこういう声すごく大好き!
ラップもあり、ロングトーンシャウトもあり、セリフもあり、HIROじゃないと歌いこなせない曲だと思います。
最後の低音ボイスはしびれます!

7.Thin Moon
HIROの声質には女性的な曲がとてもよく似合うと思います。
美しいですね。

8.Avenge Ocean
この曲のリズム感がすごく好き!
わたしはかなりお気に入りです。

9.Everyday
聞いていてなぜか笑顔になってしまう曲です。
とてもさわやか。

10.Final Wish (ats-,清水武仁&渡辺徹Feat.貴水博之&AXL21)
「Wish in the dark」のアンサーソングらしいですが、もう少し練ってほしかった感。(特に歌詞)
女性ボーカルは曲の勢いに負けているし、すこし難易度が高かったかな?
曲自体はすごくかっこいいのにちょっと惜しい。

11.Yahho!
歌詞がすごく良いです!
ポジティブで仕事前に聞くとテンションあがります!
(あまり残業はしないけどねw)

12.Believer
トリロジー「ゲンムvsレーザー」の主題歌。
聞くと映画を思い出します。


ちょっとしょっぱいことも書いたけど、でもトータルではすごーーく良いアルバムだと思います。
なんといってもソロだからHIROの歌声がすごく聞きやすい!(笑)
HIROの歌が好きなわたしにとっては色んな世界観のボーカルを堪能できるのが良いです。

全体的にアップテンポで、HIROらしくグイグイいきまくるエネルギーをとても感じます。
今のHIROがギュッとつまった、素敵なアルバムだと思います。

全HIROファンはもちろん、エグゼイドが好きな方にもオススメしたい1枚です。
音楽・ライブ > access : 2018.08.23 Thursday : comments (0) : trackbacks (0)

ヒロソロアルバム完成!?

続きを読む

ソロアルバムがついに完成したようですね!
ずっとレコーディングしてたもんね。
HIROがすごーーく嬉しそう。
良かった良かった〜(^-^)

そして・・・


あれっ?
今までライブで披露していた曲たちがひとつもないwww

まあ、なんとなくそんな気はしてたけど、やはりか〜(^^;

オトナの事情ですよね、分かります!
女子グループが参加してたりするし。
それが次の活動に繋がるのなら、受け入れようではありませんか。

むかーーしヒロソロで「新曲歌います〜」と披露してそのままお蔵な曲もあったりするしね〜(;´∀`)


アルバムのジャケ写のサイズが大きいやつが!
影があってカッコイイ〜〜〜〜(*´ω`*)

HIROってこういうダークな感じだと色気が増すと思います。

そして新アー写も超カッコイイ!!!!!
目力ももちろんだけど、黒い羽根っぽいのが中二心をくすぐります。

・・・こんなに素敵にしてくれるなら、大人の事情も悪くないもんだわね!?(笑)


何も見えないから〜!wwww

とにもかくにも、アルバムすごーーく楽しみです♪
音楽・ライブ > access : 2018.08.05 Sunday : comments (0) : trackbacks (0)

7/29 河村隆一「50の物語」@中野サンプラザ

続きを読む
7月29日に行われた河村隆一「Ryuichi Kawamura Greatest Live 〜50の物語〜」中野サンプラザ公演に行ってきました。

「0列♪0列♪」と言いながらチケット発券しにいたら本当に0列が来ました!!!(笑)
そんなわけで、4時間半超〜〜〜間近で隆一を堪能しました。

少し前に大阪公演もあったけど、今回ほとんどネタバレなくて全然様子がわからず。
でもどの曲が来てもだいたい知ってるからまぁいいかと。
ひとつだけ、最近アコースティックなライブしか行ってなかったので、ずっと立ちっぱなしとは思わず・・。ヒールの靴で行ってしまったことを激しく後悔しました(;´Д`)
そうだよね、フルバンドのライブだもんね。

隆一は紺のチェックのネルシャツに白いTシャツ、薄いグレーっぽいジーンズといういでたちでした。
一曲目は「I love you」。
1曲目から総立ちで振りをしました。

隆一ちょいちょいこの辺見てくれる!(勘違い)
ああああ、カッコイイ〜!

その横にいる葉山っちが全身黒づくめの超王子で。
黒髪のショートカットだったし。
ブラウスがシースルーだし。
足超細いし。
ああああ、葉山っちもカッコイイよ〜!!!!

それからは好きな曲のオンパレード!
もちろん隆一の曲はだいたい大好きなんだけど、そのなかでも割と人気な曲たちが選ばれていたと思います。

なかでもわたしが一番好きな「CHANGES」が来たときはかなり舞い上がりました!(≧▽≦)
アルバムの端曲だし、今までそんなにやってくれることなかったのに、やってくれるなんて嬉しいよぉぉぉ!!!

歌うたびに隆一の歌声のギアが上がっていくのを感じました。
すごくステキな歌声だし、隆一の歌が大好きだと改めて思いました。

「深愛」がバンドバージョン&ラスト曲でないことにびっくりしましたが、バンドバージョンのラスト曲だったようで。
ここまで21曲を歌い切りました。


ここからはアコースティックコーナー。
「Love is...」から始まりしっとりと聞かせてくれます。

途中で休憩あると書いてあったけどずっとノンストップで進んいくので、
ずっと立ってるのもそろそろツライなぁと思っていたら、隆一が「言うの忘れてた。お座りください」と。
忘れてたんかーいと思いつつ、ヒールで足が限界だったので助かりました(^^;

バラードは全部で13曲歌いました。
ここのパートでは「七色」が圧巻でした。


ここでようやく20分の休憩です。
さすがにトイレは大行列で、わたしは暗くなると同時に席に戻って来れましたが、遅れている方がたくさん。
隆一は「まだ帰ってきてない人がいるから」としばらくMCをしてくれました。

隆一の衣装は黒地に白の水玉のブラウス、黒いTシャツ、白いパンツに変わっていました。

後半戦は「So Deep」からミドルロック的な曲が続きます。

隆一の歌声に若干疲れが見えましたが、それでも力強く歌い続けていました。

11年前に70曲歌うライブをやったときはやっと歌い切った。すごい!という感じだったのに、今や軽々とたくさんの曲を歌いこなしてるのすごくないですか!?
隆一半端ない!!!!!

「Glass」では圧倒的な存在感と歌唱力でひきつけられました。

時々額ににじむ汗が見えるのがセクシーです。
休憩のたびに水を飲むと同時にタオルで汗をぬぐっていました。

そして後半からドラムが沼澤さんに変わり、ドラムの迫力がすごかったです。

「そろそろ盛り上がっていこうかぁ!?」と煽ったあとは「F114B」。
ここからはアップテンポな曲が続きます。

「Tomorrow」や「ジュリア」は振りに影響があるところがアレンジが変わっていてちょっと戸惑いました。
でもジュリアダンスとかすっごい久しぶりにやったよ〜。
あー、河村隆一のライブはこうだったわぁ。(今更ながら)


アンコールでは、隆一は黒いシャツ、星のスタッズが2つついた黒いベスト、白いパンツ(先ほどと同じ)に衣装チェンジ。
葉山っちと二人で「Hope」を。
ファーストアルバムのラストナンバーですね。

バンドメンバーを呼び込んで、ラストは「Once Again」。
わたしは超〜〜〜〜久しぶりに聞けてうれしかったです。


MC

2〜3曲ごとにMCを入れるスタイルでした。

葉山っちのリスいじりは相変わらずでw

150曲のライブをやった後は突発性難聴になり、アスファルトのようなまずい薬を飲んだ。
そのことをLUNA SEAのメンバーに話すと、SUGIZOとJが「俺もいつも耳鳴りしている」と。
ロッカーは別に普通でなくていいんだよ〜!いやいや、やっぱりそこは普通がいいよね?と笑いあった。

ソロをやってたくさんの曲を作ってきた。
「昔と変わった」と言われることもあるけど、変わったって昔の曲もやるからいいよね?
ライブをやるにあたって、カタログは多い方がいい。

「歌を歌う人生を手に入れたことを感謝したい」という言葉が今日一番のハイライトでした。
こんなうれしいことはないですね。


***

4時間半、隆一の間近で大好きな曲をずっと聞き続けることができたのは最ッッッ高に幸せな時間でした。

とっても正直なことを言うと、途中わたしの集中力きれてぼんやりすることもあったけど(^^;;;;

だけど、隆一がずっと楽しそうに歌っていて、それがすごく良かったです。

シングルほとんど(9割くらい)やったと思うし、何よりも一番大好きな「CHANGES」を聞けたのは嬉しかったし(笑)
でももっと聞きたい曲たくさんあったなあ、なんて贅沢ですね。

色んな曲たちを聞いていると、その当時の風景を思い出します。
97年からのファンなので、21年分の思い出が(^o^)

隆一は「またやりたい」と言っているようなので、その時はまた参加したいと思います。

↑セトリを写したお写真が
音楽・ライブ > 河村隆一 : 2018.08.03 Friday : comments (0) : trackbacks (0)

access × TRF Joint Live@東京

続きを読む
昨日東京国際フォーラムで行われたaccessとTRFの対バンライブに行ってきました。
accessさんは6月の北海道ぶり、TRFさんは2012年のFNSうたの夏まつりの観覧以来ですね。

うたの夏まつりの時はTRFもaccessも出ていて、そして小室さんも出ていました。
今思えばすごい番組見に行ったなあと(^o^)
(当時のレポはこちら

平日ライブで参加できるか分からなかったのでチケット申し込まなかったけど、行ける見込みがたったのでネットで譲ってもらいました。


まずはTRFさん。
「Masquerade」からはじまり、往年のヒット曲のオンパレード!
当時アルバムも聞いていたから、ほぼ全曲知ってました。
懐かし〜〜〜〜〜!!!!!

yu-kiさんは短パンでおみ足が〜!
ETSUさん&CHIHARUさんは動きがなめらか〜!
KOOさんはハデハデw
そしてSAMさんの存在感がすごくてもう彼のダンスにくぎ付けです。カッコイイ〜!

TRFは小室さんが「カラオケに行ったときに盛り上がる」というコンセプトで曲を書いてたと思うので、カラオケのみならずライブでも盛り上がります。
流行してた当時は振り付けとか真似してたけど、だいぶ忘れてた(^^;w

「survival dAnce」ではaccessとのコラボ!
HIROが下のパートを歌ってるの新鮮!
でももうちょっとHIROにもメインパート歌ってほしかったなぁ。
(キー的に難しかったかな?)

15分の休憩の後はaccessさん。

「夢を見たいから」のリミックスから始まり、往年のシングルから最新曲、ライブの定番曲まで新旧織り交ぜてきました。
TRFが過去の曲をやるなら、accessは最新の音を届けるという対比が面白かったです。

曲数が少ないからその分HIROのボーカルがいつもより迫力すごくって!
これだから曲数が少ないライブも好きなんだよね(^-^)

歌詞がスクリーンに表示れてたんだけど、「Heart Mining」はちょっとあやしかたかな。
「AGAINST THE RULES」では完全にボーカルがズレていたよね(^^;
前回の北海道もそうだったけど、前回のライブとあいだが開くとHIROダメだね(笑)

だけど「夢を見たいから」の抱きしめるポーズがかわいすぎて悶えたし、「DRASTIC MERMAID」の歌い方がすごく良かったし。
相変わらずセクシー全開でした。

「MOONSHINE DANCE」では久しぶりに背中合わせで歌っていていました。
わたしはこれが大好き。

「CRAZY GONNA CRAZY」ではyu-kiさんを呼んで3人で歌いました。
TRFパートではオリジナルアレンジで歌ってくれたけど、今度はaccessリミックス!
HIROがyu-kiさんの肩を抱こうと手をまわしてるんだけど、なぜか遠慮がちなのがまたかわいい。

MCではaccessもTMからうまれたユニットであるという話が。
HIROがTMNの代々木第一体育館のライブに事務所の人と行って「あそこにいる浅倉大介という人がボーカリストを探してるらしいけど、会ってみる?」と言われて「はい、会ってみます!」と即答したというエピソードを話しました。


アンコールでは、accessとTRF全員が登場しました。
出てくるときに大ちゃんがyu-kiさんをエスコートしていて、HIROとSAMさんが手をつないで出てきました。

accessもTRFもルーツはTM NETWORK(小室さん)であるので、その代表曲を歌いますと「Get Wild '89」を。
yu-kiさんとHIROがかわるがわるで歌っていました。
キーはもちろん原曲より上がっていました。

最後、HIROのいつもの「帰り気をつけてね〜」「愛してるぜ〜!」が聴けたのが良かったです。


そして、ライブが終わると聞きなれた「Nights of The Knight」のイントロが流れると、会場から一気に悲鳴が。
まさかのイキな選曲が嬉しかったです。
(「Nights of The Knight」=”TMN”のラストシングル)


***

今回のTRFとaccessの対バンライブは初の試みだったんだけど、すっごく楽しかったです(≧▽≦)
やっぱりaccessもTRFもかなり聞きまくってたから(世代です)、ノー予習でも全然大丈夫でした。
(しかしaccessは選曲がロックだったな〜。ついてこれる人だけついてこい的な)

そして小室さんへの愛、リスペクトにあふれたステージだなと思いました。

accessもTRFも最後の曲で銀テープが発射されたんだけど、後方席で拾えず・・。
しかしaccessのときは同じ列の人が金テープを拾ってきてくれてGET!
そして図々しくも知り合いの方にお願いして譲ってもらいましたヾ(*´∀`*)ノ
みんなありがとう♪


ちなみにライブ後に配られたチラシにaccessの冬ツアーで中野が追加に!
これも行くとなんと12月は毎週accessらしい。
まあ当然行くでしょう!

音楽・ライブ > access : 2018.07.28 Saturday : comments (0) : trackbacks (0)

ヒロソロアルバム(^-^)

続きを読む
先週の土曜日、ワールドカップやらエグゼイドの小説やらで寝不足が続いていて、昼間だけどウトウトしていたところ、ヒロモバからメールが。

これはヒロオフィより
NEW ALBUM『Gimmick Zone』 8月22日(水)Release!

「仮面ライダーエグゼイド」挿入歌『Wish in the dark』『JUSTICE』、Vシネマ「仮面ライダーゲンムVSレーザー」主題歌 『Believer』 他、「仮面ライダービルド」挿入歌『Burning my soul』のカバーを含む全12曲入り。
NEW ALBUM『Gimmick Zone』を引っ提げてのツアー[8月26日〜9月16日]開催!

■発売日:2018年8月22日(水)
■タイトル:Gimmick Zone
■品番:GNS-1010
■価格:3,500円+税

【店頭特典】
貴水博之と仮面ライダークロノスの両面写真クリアファイル
*特典は先着順となります。なくなり次第終了となりますので、ご了承ください。
*各種オンラインショップは特典付与対象外となります。
*特典付与対象外の店舗もございますので、必ず予約・購入時にご確認ください。

おおおお、アルバムリリースきたー!!!!!

最近ずっとレコーディングしていたから「もしや?」と思っていたんだよね。
やったぁ!!!

Wikiを見ると、前回のオリジナルアルバム「GROW」から21年ぶりのリリースになるのかな?
「Best Destination」からでも7年ぶり。
キホンわたしはaccessで満足するタイプなんで、そんなに出てなかったとは〜です。

アルバムをリリースする「Genius Records」はヒロの事務所のプライベートレーベルっぽいですね?
(大ちゃんの「Darwin Record」的な)


特典の「仮面ライダークロノスクリアファイル」とビルド挿入歌「Burning my soul」のカバーが特撮ファンの方の心を掴んでいるようで、「ほしい!」と言ってる方を何人か見かけました。
エグゼイドは超人気なんで、クリアファイル欲しい方はもしかしたら早めに予約した方が良いかも?

わたしもいつもの山野楽器で特典が付くことを確認してご予約しました。

ライブで披露していた新曲たちがやっと音源化されるのかな?
たーのーしーみー!!!!!


去年だったか?
HIROがライブのMCで「昔はソロ活動はaccessと違うことを目指してやっていたけど、ソロでもaccessでも同じ貴水博之がやってるのだから違うことをしなくてもいいことに気づいた」みたいなことを言っていました。(HIROはもうちょっとうまいこと言ってたけど、わたしの表現がヘタですみません。)
近年はHIROが元々やりたいダンスミュージックなど、accessに近いジャンルの曲もソロで作ったりしているようです。
衣装だってaccessとそんなに変わらないし(笑)

HIROはいい意味で振り切れてよかったなあと思います(^-^)

今色々大変だと思うけど、今後の展開が楽しみです。
音楽・ライブ > access : 2018.07.04 Wednesday : comments (0) : trackbacks (0)

マイティノベルX

続きを読む
エグゼイドの小説「マイティノベルX」を読みました。
紙の本も買いましたが、電子書籍で全部読みました。

結論から言うと、めちゃくちゃ面白かったです!!!

脚本の高橋さんが書かれただけあって、エグゼイドの世界がそのまま活字になっていました。
小説の中でも永夢が、ポッピーが、飛彩が、その他みんなみんなそのままのキャラで生きていました。

個人的には大我とニコちゃんの掛け合いが大好き。

というわけで、エグゼイドのテレビ本編&トリロジー全部見た人にはぜひとも読むことをお勧めします!


以下ネタバレ。


永夢の過去はなかなかすごかった。

永夢とその父親の関係をさらにこじらせたのは檀親子のせいでした。

特に正宗は読んでて胸くそが悪くなるくらいどクズでした。
いや好きだけど〜。

トリロジーでちょっと良い部分が見れたけど、それをぶち壊してきましたね。
(時系列的にはトリロジーがいちばん最新だけど。)

正宗の闇について語れることはなかったので、色々想像をめぐらせてしまいます。


永夢が過去に事故にあったのはゲーム病のせいだけでなく、人生をリセットしてみたかったと、なんでもない理由から飛び出したから。
・・なんとなく気持ちは分かるかな〜。
わたしも「もし自分の人生や人間関係なんかをリセット出来たら〜」と妄想することはあるけど、無理なことは知っているわけで。
しかし子どもの永夢にそんなことはできないと理解できなかった。

だけど永夢は恭太郎先生と出逢い、いろんな意味で救われました。

今テレビ埼玉でエグゼイドの再放送をやっていて、ちょうど今日は9話の放送でした。
恭太郎先生がゲーム病に感染してCRに搬送されると、永夢が恭太郎を救おうと必死になっていました。
その様子を見ると涙が( ;∀;)


そして永夢と黎斗との関係。
彼らは永遠にクリエイターとゲーマーの関係であり続けるという決着が良かったです。



まだ一度しかちゃんと全部読めていないので、もしかしたら違う個所もあるかもしれませんが(^^;

とりあえずお好み焼きが食べたいです。
仮面ライダー : 2018.07.01 Sunday : comments (0) : trackbacks (0)

6/3 accessライブ@札幌

続きを読む
6月3日、札幌で行われたaccessのライブに行ってきました。
札幌に行くのは2014年のSツアーぶりです。

折角のヒロの誕生日だし、ツアーファイナルだしと、ファンクラブのチケットを申しこんでみたものの、落選で(´;ω;`)
しかし・・・!!
運よく一般でとれました\(^o^)/!!!!!


access ELECTRIC NIGHT 2018
6月3日 札幌ペニーレーン24
セットリスト

ELECTLIC☆NIGHT
ANOTHER DAY
S
JOY TRAIN
Let me go
IZASUSUME!
Tragedy
NAKED DESIRE
Hung Me For The Distance
EDGE
Friend Mining
Heart Mining
Discover Borderless
MOONSHINE DANCE
Knock beautiful smile

(アンコール)
マッシュアップミックス(NIGHT WAVE×LYIN' EYES×AGAINST THE RULES)
永遠dive


一般のCチケットだったのでほぼ最後尾でしたが、会場が狭いので名古屋ダイヤモンドホールで見たときと距離感的にはそんなに変わらなかったです。

この日はツアーファイナルということもあり、いつも以上に大ちゃんがいい意味で壊れていたし、HIROの歌もすごーーくよかったです。

特に「Hung Me For The Distance」からの「EDGE」はHIROのボーカルがすごすぎて、振りをせずに棒立ちで聞いていました。
HIROの歌にものすごく引き込まれました。HIROもこんなに歌えるんだなあと。

そんななか、大ちゃんもHIROもちゃんと後ろの方まで見てくれてすごく嬉しかったです。
HIROがウインクしたときの視線がこちらの方だったので、ちょっと危うく倒れかけました(n*´ω`*n)
(勘違いヤローです)

「Let me go」では2番ののきに大ちゃんが人差し指を指したまま静止していると、そこにHIROがやってきて背中合わせで同じポーズをしていました。

前回の仙台から2週間あいだが開いたこともあり、「Friend Mining」のギターがかなりあやしくてザワザワしました。
大ちゃんも「あれ?(ニヤニヤ)」て顔でHIROの顔を覗き込んでいたけど、HIROは「何か?」と言わんばかりのドヤ顔をしてギターを弾き続けました。

「MOONSHINE DANCE」恒例の指と指を合わせるところでは、最後にはHIROが大ちゃんの手を掴んでモミモミしていました。

「Knock beautiful smile」の締めは、恒例の大ちゃんのシンセとHIROのボーカルの掛け合い。
HIROがいつになくハイトーンボイスでロングトーン&シャウトを披露していました。


アンコールのMCでは、今日はHIROの誕生日という話に。

大ちゃんが「才能の無駄遣いですけどぉ〜」と言いながら、リアルタイムで曲を作っていきます。
リズムやベースの音が重なっていき、最後にメロディを入れると「Happy Birthday to You」に!
会場のみんなで一緒に歌いました。
HIROはとても照れていました。

更に、ステージ上には大きなケーキが運ばれてきました。
(どんなケーキかは全然見えず)
ろうそくに火をつけて、それをHIROが吹き消しました。

そして大ちゃんがケーキのクリームだけを指でとって舐め、それをHIROも真似していました。(恒例行事)

HIROはずっと「39歳になりました(^-^)!!!」と言ってて。
でも後ろの電飾には「49」と思いっきり書いていましたw
ファンのみんなで「後ろ後ろ〜!」と指さしてHIROに教えました。

HIROは「これからもみんなに喜んでもらえるように頑張りたい」というようなことを。
大ちゃんは「HIROの人生輝いていってほしいと思います」と言うと、HIROが「大ちゃんと一緒に輝きたい」と。
良い奴だ〜( ;∀;)


その他MCとして・・・

大ちゃんの中ではカーリング娘が今も流行っているようで、コール&レスポンスで「そだねー」と返すようにと。
HIROは「しまらないなぁ〜」という感じの苦笑いをしていました。
大ちゃんは赤いサイロ食べてみたいけど、なかなか手に入らないとのこと。

HIROは昔イクラが大好きで、ファンからもらった瓶詰されたイクラを飲んでいたとのこと。
しかし瓶が厚くて思ったほどイクラが入っていなかったようです。

今は二人とも健康を気遣って自炊をしているとのこと。
大ちゃんは電子レンジ専門。
レンジから何回も取り出して温め直すのがめんどくさい。
「レンジが3台くらい欲しい。でもブレーカー落ちちゃいそう」

仮面ライダーの話。
人生で仮面ライダーに変身できる機会なんてそうそうない。
放送が終わった後の方が役について愛おしくなってきた(^-^)
若い子はもう仮面ライダーの話をしなくなったけど、自分は未だにずっと言っている。

アンコールはまずはいつものマッシュアップミックス。
HIROがいつも以上にアソコを強調してきましたw

ラストは「永遠dive」。
いつの間にか大ちゃんにも「Hey! Hey! Hey!」とマイクを向けるのが恒例になりました。
最初は下手で、上手に行ったときにHIROが「こっちでも大介が叫ぶぞ〜!」と煽っていたのがなんだか好き。
2人が顔を近づけて仲睦まじい感じが良かったです。


最後に大ちゃんから今後のお知らせが。
冬ツアーには新曲を作りたいというような話が。
是非お願いします\(^o^)/!!!!!

HIROは「盛り上がったのでノー絶版だぁ!」と。
そして恒例の「愛してるぜ〜!」をいただきました。

*****

MCが案外長くて、帰りの飛行機があったのでちょっと時計をチラチラ確認してしまいました。
ライブ終わってダッシュで駅に向かったけど、乗りたい電車には乗れず/(^o^)\
でもなんとかギリギリ飛行機には間に合いました。
日帰りだったので、空港でジンギスカン食べたくらいで、あまり北海道を満喫できませんでしたが(^^;

しかし!

北海道まで来て本当に良かった!
超超超楽しかった!!!!

accessのライブってすごく幸せな雰囲気で、二人を見てるだけで口角あがるし。
ここがわたしのホームなんだなあとあらためて思いました。

HIROの誕生日を大ちゃんと一緒にお祝いすることができてすごく嬉しかったです。
大ちゃんの誕生日プレゼントとても素敵でした。

大ちゃん&HIRO、素敵なライブをありがとうヾ(*´∀`*)ノ

音楽・ライブ > access : 2018.06.10 Sunday : comments (0) : trackbacks (0)

5/29 LUNA SEAライブ@武道館

続きを読む
5月29日、日本武道館で行われたLUNA SEAのライブに行ってきました!

最初は平日で行けないと思っていたけど、運よく行けることに(^o^)


LUNA SEA The Anniversary 2018 The LUV –World left behind- FINAL
日本武道館

Hold You Down
TONIGHT
Dejavu
JESUS
Limit
Brand New Days
誓い文
gravity
闇火
I for You
Drum Solo & Bass Solo
Be Awake
STORM
TIME IS DEAD
ROSIER
BLACK AND BLUE

(アンコール)
So Sad
BELIEVE
PRECIOUS…
WISH

南西スタンドから見ました。

この日は隆一の歌の迫力がすごかった。
特に「闇火」はグッと引き込まれました。
CDと歌い方変えていたし。
この1曲だけでチケット代のもとは取れたかな。

前回の川崎に参加したときには聞けなかった「BLACK AND BLUE」が聴けたのはすごく嬉しかった。
歌声と照明がすごーく美しくて、自然と涙が(´;ω;`)

あとはもう大好きな曲がたくさん聞けて最高に良いライブでした。
LUNA SEA尊い。

今回のライブに参加できて良かったです(^o^)

LUNA SEAとしては次の予定はないけど、7月の隆一の50曲ライブには行きたいなぁ。
音楽・ライブ > 河村隆一 : 2018.05.30 Wednesday : comments (0) : trackbacks (0)
1 : 144>>

Copyright © 2004 SimpleBoxes. All Rights Reserved.
Categories
Recent comment
Profile
Others
page top