さんしゃいん

阪神タイガース、access(浅倉+貴水)、RYUICHI、ときどきマンガ。
コメントは大歓迎です♪
ライブレポ集は→コチラ (9/1 UP)
舞台観劇の記録は→コチラ (5/25 UP)

11/8 Song of Souls ソワレ

昨日の続きです!

上大岡で河村隆一様のイベントの後は地下鉄で関内に移動して舞台「Song of Souls」を見に行きました!

今回HIROが初の本格的悪役に初挑戦とのこと!
かなりワクワクして劇場へ。

ストーリーを簡単に説明すると・・・

後の徳川家光である竹千代は江戸城を抜け出して芝居集団の猿若座に加入する。
ある日大地震が起こり、封印されていた摩多羅神が復活。
摩多羅神は人々に過去の苦しみや恐怖を思い出させ、江戸を混乱に陥れようとする。
さらに江戸の結界の本体である北斗七星の力を宿す衣(衣笠丸)を闇に引き込もうとする。
しかし僧の天海、出雲阿国であるお福らが摩多羅神の野望を阻止するために奔走する。

ストーリーは分かりやすくて、楽しめる内容でした。

セットが低予算な感じだったけど、その分役者の演技で魅せているなと思いました。

HIROは悪のラスボスとのことで、出番はそれなりにありました!w
出てくるたびにスモークプシャーてなって、「来るぞ!来るぞ!」となりました。

HIROが「シャウト系」と言っていたけど、とても分かりやすくいうと「デーモン小暮」のような感じだなと思いました。
個人的には隆一がLUNA SEAのときに出すような声だと思ったけどw
常に声にエコーがかかっていて、腹の底から低い声を出していました。

HIROがこの役は疲れると言っていたイミが分かりました!
常にこれを保っているのはしんどいだろうし、喉にも負担がかかるんだろうなあと。

オベ様みたいにズラを被って見た目も完全別人ではなかったので、ちゃんと「HIROを見に行った!」感はありましたw
(付け毛はしてたけど)

2幕に和樹演じる天海との対決シーンがあるんだけど、あそこがあの舞台の中でいちばんの見所です!
二人の歌に迫力があって、歌と歌のバトルがすごく良かったです!!!!!!

HIRO日記にもあったけど、摩多羅神側は扇子を持って戦っていました。
HIROも赤い扇子で、摩多ドン!・・・は分かりにくかったけど(笑)、そんな感じでした。

ちなみにわたくし、摩多羅神=ラスボスということで虐殺系なのを想像していましたが、彼は誰一人として殺してないです。
摩多様ができるのは人の心に恐怖や恨みなどの感情を呼び起こすだけでした。
今回の舞台ではあまり死ぬ人でなかったと思います。
(King of the Blueのときはほとんど全員死んだからw)

HIROメールや日記でよく「お前をどうしてやろうか」と来てたけど、多分そんなセリフはなかったと思います。
むしろ「お前がどうした!?」と突っ込みたい気持ちになりました(゚∀゚)w


とっても正直なことをいうと、これで9,500円は高いなあと思いましたが。
見に行って損はないと思います。


アフタートークはHIROが相変わらずフリーダムで(^-^)
「貴方の貴水博之です」を連発していました。
摩多羅神役は、しゃべるのは低い声で、歌うとキーが上がるので切り替えが大変ということを言っていました。
それから東山弟と「俺たち末っ子!」と盛り上がっていました。

また時間があれば、HIRO以外の感想も書きたいです♪

saku : 音楽・ライブ > access : 2014.11.09 Sunday : comments (0) : trackbacks (0)
Comment
Comment form




Trackback url
http://access.milkcafe.tohttp://access.niko.to/blog/sb.cgi/1959
Copyright © 2004 SimpleBoxes. All Rights Reserved.
▲page top
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
New Entries
Categories
Recent comment
My Favorite
Vertical Innocence(A盤)
「Vertical Innocence(A盤)」access
ストーリーのあるメロディ!
JOY TRAIN
「JOY TRAIN」access
キラキラ&懐かしい曲!
舞台 銀河英雄伝説 外伝 オーベルシュタイン篇 [DVD]
「舞台 銀河英雄伝説 外伝 オーベルシュタイン篇 [DVD]」
美しいオーベルシュタイン&悲しい過去が見所です
Profile
Others