松岡英明・nxt|underground

2005/12/23 代官山UNIT

中3くらいから松岡英明のファンでしたけど(途中やめた時期もありましたが)、ずっと地方に住んでいたこともあり、ちゃんとしたライブには一度も行ったことがありませんでした。約3年前に、1度だけインストアライブに行ったくらいです。
今まで都合がなかなかつかず、参加してませんでしたけど、ついに決心しました!
生松岡クンは3年ぶり2度目、今回が初ライブです☆
13年分の思いを胸に(←大げさ)、ライブ会場に向かいました。

会場に入り、わたしは右手の後ろの方に位置を取りました。定刻の5分後にライブが始まりました!一曲目は「Mysterious Stranger from Mars」。前行ったインストアライブの一曲目もこれだったんだよね〜。なんだか嬉しいワ(^0^)
松岡クンは青いジャージっぽいジャケットにブルーのジーンズ、腰にはウォレットチェーンをつけていました。ヒサビサに見たけど、めちゃくちゃカワイイ!!!!!!!この日が38歳の誕生日だそうですが、まったく見えません!昔からまったく年取らない、ある種化け物だわw
髪の毛も相変わらずサラサラです。髪型もかっこいいね〜w
やっぱルックスは松岡クンがイチバン好きだわ☆

2曲目は「Hi-Fashion」。うわあ、懐かしい〜!それからは懐かしい曲のオンパレードですよ!と言っても、ほとんど「Ondine」以降の曲ばっかりでしたけど。
バンド構成はギター、ベース、ドラム、キーボード+裏でシンセとシンプルな構成でした。ギターは鈴川さん、松岡クンが「アニキ」と呼んでる、しぶいおっちゃんでした。ベースは摩邪コングっぽい女性でした。ドラムの兄ちゃんがモヒカンなのにSK-IIを使っていると言うのには笑ったよwキーボードの人は、わたしの位置からちょっとよく見えなかったなあ(^^;
今回はロック調の曲がメインだったかな。
「Blow Up」では、サビの「Blow Up」の”Up”のところでドラムが鳴るアレンジがすごくよかったです。

「新世界」のあとMCがありました。なんか全体的に、暗めの話が多かったかなあ(^^;本人は明るく否定していたけど、ありゃ多分なんか悩んでるなw内容は自分の思うとおりになかなかいかないとか、努力してもなかなか報われないとかそういう内容が多かったかな〜。明るいトーンで話してはいたんだけどね。
まあ、松岡クンなので話は半分に聞くことにします( ̄ー ̄;
あと、マンガ家のCLAMPのデビュー16周年?のイベントに出演&演奏し、そのときにクジでプラズマテレビを当てたと嬉しげに話していましたwその後話につまるとやたらと「プラズマテレビ」と言ってましたw
そして喋っている途中で「あせkljふじこjklせ」みたいな感じでわざと何を言っているのか分からなくするというネタを何度もやってました。ちょっとカワイかったw
そして「神様っているのかな?みたいなのを歌った曲です」と歌ったのは「Heaven's Underwear」です。えーっと、MCと曲があまり合ってない気がするんですけどw

そして2度目のMCも、同じような感じです。今度は輪廻転生を持ち出してきましたw「今やってる努力は無駄にならず、次生まれ変わったときは努力したところからはじめられる」と言ってました。
MCとは関係ないけど、松岡クンの笑い方ってめちゃくちゃカワイイのね〜!「アハハ☆」って感じで。さすがはアイドルですwこういうのが女心をくすぐるんだろうね〜。いや、わたしもくすぐられましたけど(^〜^)

そして唯一のバラード「天使」を歌いました。熱唱モードだったみたいだけど、チョット歌唱力があ〜・・・というのを実感しました(^^;そうね、声量がないのがいけないのかなあ?声自体は好きなんだけどね〜。
でも歌唱力云々より、歌うときにツバが飛びまくりなのがもっと気になりました( ̄ー ̄;ものすごい勢いでツバがバンバン飛んでるのね〜!イチバン前の人はツバがかかったりしてないのでしょうか。でもファンはかかったほうが嬉しいのかな?なんて思ったり(^^ゞ

「Sexy Sexy」では、前かがみで腕を後ろにあげて歌う恒例のポーズが出てきました!”これぞ松岡クン”というポーズが見れてすごく嬉しいね!
「Sexy Sexy」、「SEX」と続いて次が「VIRGINS」という選曲はどうよ!?どこが”We are VIRGINS”なのかと小一時間問い詰めたいwでもすごく懐かしい!!!!この曲の声がすごく好きなんだよね(^0^)

バンド紹介のあとは即興(?)で、曲を歌いました。やっぱり暗いテーマです。「孤独、孤独、孤独・・・・」とずっと繰り返し、「いつも孤独を感じる〜」みたいな歌詞に繋がりました。
しかし最後は「オレはいつも君達のそばにいる。ひとりじゃない〜」とうまく(?)、結んでました。しかしわたしは「松岡クンの話じゃなかったのカヨッ!」と突っ込みたかったですw

次の「LOOK@ME」はイチバン盛り上がったね〜。ビートの早い曲はいいね〜。勢いのまま、「Here comes the Wild times」もヨカッタ!しかしわたしは曲を忘れてて、最初サビに来るまで何の曲だか分からなかったよ(^^;

またMCがあり、「昔はやんちゃ坊主だった」という話をしていました。「Visions of Boys」という曲を布袋さんが気に入ってくれて、布袋さんが「オレはこいつをプロデュースしたい」ということで布袋さんがデビューアルバムをプロデュースしてくれたそうです。しかし、昔は布袋さんにも悪態をついたりした(?)みたいなことを言っていました。
と、過去の懺悔をしたあとは今と今後の話になりました。
アコースティックライブやTV-NOiZのユニットなんかをやっていくうちに、年末のこのライブでやりたいことが見えてきたそうです。
そして「来年はデビュー20周年なので新しいことをやりたい」ということで、月イチで対バンライブに参加すると宣言しました。対バンかあ・・・ソロ料金は高いので、安かったら行ってみたいかな(^^ゞ で、「TV-NOiZ」(テクノユニット)は自分のやりたいことのひとつで、今回この場でどいういうものか披露したい「Visons of Boys」のRe-Mixバージョンを演奏しました。
個人的にはこの曲がアレンジを含めてイチバンいいと思いました。前回のTV-NOiZのライブは貴水博之のライブとかぶって行けなかったけど、次は行きたいなあと思いました☆

アンコールのあと、松岡クンは赤のパーカーに赤いジーンズに着替えていました。よく見ると赤いジーンズの膝あたりから生地が黒になってるチョット変わったパンツでした。
一曲目は「Boys in a Bad Town」です。これも懐かしい!この曲でだったかな?ステージ右手のスピーカーと台の隙間の狭いところに入り込んで歌ってました!わたしは右手にいたので超近くで松岡君が見れてすごく嬉しかったです(^0^)

ラストは「NEXT SENSATION」でした。こういうキーの高い曲はいいよね☆間奏の部分で両手を広げてグルグル回転していました。しかし目が回ったのか、途中で逆回転するもよろけてたのには笑いましたw
最後にバンドメンバーみんなで握手をして、ライブが終わりました。
なんだかあっという間で短かったなあ〜(^〜^)

ライブの感想

初めてのライブだったんだけど、懐かしい曲だらけでホントあっという間でした☆
ていうか、何よりも松岡クンかわいすぎw38歳のオッサンにはとても見えません!
もうそればっかりが印象に残ったね〜。
あの笑顔を見にまたライブに行きたいなと思いました。


Blogでの感想はこちら

  1. Mysterious Stranger From Mars
  2. Hi-Fashion
  3. STAY
  4. Blow Up
  5. Fantasy
  6. 新世界
  7. Heaven's Underwear
  8. Fly Sky High
  9. 天使
  10. Sexy Sexy
  11. SEX
  12. VIRGINS
  13. 即興
  14. LOOK@ME
  15. Here comes the Wild times
  16. Visions of Boys (TV-NOiZ Mix)
アンコール
  1. Boys in a Bad Town
  2. NEXT SENSATION