河村隆一・evergreen 〜あなたの忘れ物 届けたくて...〜

2006/07/05 調布市グリーンホール

 ライブに行くのは4月のTourbillon以来です。調布にあるグリーンホールというところで行われた河村隆一のライブに行ってきました。建物が新しくて割とキレイでした〜!(最近建て替えたようですね。)
 ホールの中に入ると、楽器がステージ上に置かれていました。開演まで「evergreen」に収録されてる曲の原曲が流れていました。サザンからしか聴けなくて、「Virginity」の原曲が聴きたかったなあ(^^;
 わたしは17列目のやや右よりの席で見ました。

 時間になると、まずメンバーがステージに上がり、最後に隆一がステージに上がりました。隆一は黒のスーツに白のストライプのシャツを着ていました。髪型は正面から見たら、前髪が顔にかかる感じのフツーのサラサラヘアですが、後ろ髪を後ろに流す感じで立てていました。

 ここからいよいよライブがスタート。まずは「花の首飾り」。割と静かな曲で、隆一の声が会場に響き渡ります。
 今回はアコースティックなライブということで、ギターとピアノがメインの編曲になっていました。その他、バイオリン、チェロ、ベース、ドラムといったメンバー構成でした。
 続いて「オリビアを聴きながら」「ブルースカイブルー」と歌いました。後ろの壁に、曲にあわせた風景が映し出されていました。

 ここでMCです。この日の朝、北朝鮮からミサイルが発射されたことに触れていました。そこで戦争と平和の話になり、「今ここでライブができるのは日本が平和だからだ。もし戦争をしていたらそれどころではない。ミュージシャンは何もできないけど、このような平和が続くように・・・」と言っていました。

 そして大好きなオフコースのナンバー「YES-YES-YES」を歌いました。
 「Love is...」は持ち歌ということもあって、他の歌とは響きが全然違うようでした。この日はアレンジせずに原曲どおりの歌い方になっていました。

 そして再びMCです。さっきのミサイルの話をもう一度して、その後クルマの話を延々と語りだしました。会場は女性が多いので、車の話をされてもみんなさっぱり分かってないような感じでしたね(^^;隆一も気がついたのか「反応が薄いなあ」みたいなことを言っていました。
 話題を変えて「みんなはどこから来ましたか?」という質問をしました。「地元調布の人!?」と言うとチラホラ手が上がり、「では都内の人!?」というと多数手が上がりました。最後に「地方から来た人!?」と言うと割と手が上がって、都内の人たちは「おお〜」とビックリしてました。すると隆一は「残念!ひとりだけだったらタモさんストラップもらえたのに〜」と言って笑いをとってました。(そういえばこの間いいともに出たときに見事質問で一人だけを当て、のストラップもらってましたね)
 隆一は調布が家から近いので、のんびりしていたら1時間会場に入るのが遅くなったと言っていました。1時間遅れたけど、ライブまで余裕はあったそうですw

 歌の前に「まだ見てないけど、先日ファンの人から「いちご白書」のDVDをもらいました」と言いました。そこでわたしは「いちご白書」というのが映画のタイトルだと初めて知りました!てっきり「外交白書」みたいに、そういう本があるのかと思ってました(^^;;
 そして歌った曲はもちろん「「いちご白書」をもう一度」です。この曲では声全開で、普段はマイクを口に近づけて歌うんだけど、マイクをお腹のあたりまで離して歌ってました。ほとんどマイクレスに近い状態ですごいなと思いました。
 続いて「真夏の果実」「LOVE(抱きしめたい)」を歌いました。

 3度目のMCでは昔はビートルズなどの楽曲をよく聞いていたという話をしていました。そして日本のポップスでいちばんいい曲だなと思ったものが小林明子さんの「恋におちて〜Fall in love〜」だという話をしました。そしてそのまま「恋におちて〜Fall in love〜」「スローモーション」を歌いました。

 「Virginity」は今回のライブで唯一のアップナンバーです。隆一が客席に手拍子をするように煽ってました。
 隆一はレベッカについて日本のポップスを歌うロックバンドの中ではいちばんすばらしいバンドと言っていました。
 そして「OH MY LITTLE GIRL」は昔テレビでよく聞いた曲だそうです。
 本編ラストは美空ひばりの「愛燦燦」でした。

 アンコールのあと、1曲目はLUNA SEAの「I for you」でした。わたしはソロファンということもあって、LUNA SEAのライブに一度も行ったことがなく、この曲は初めて生で聴きました。とても力強いボーカルで、すごく良かったです。

 そして最後の曲は「親愛」でした。曲の前に「すごくいい曲ができたのでセイアに提供したんだけど、自分のシングルにすれば良かった、そのくらいいい曲」と言っていました。
 ギターだけで隆一が歌い上げます。
 そして2番に差し掛かるとき、なんとマイクを持った手を後ろに組み、即ちマイクなしで歌いだしたのです!
 隆一の声がマイク・スピーカーを通さずにダイレクトに聴こえてきます。
 今まで「親愛」が周りが言うほどいい曲だと思ったことがなかったんだけど、こうして生の声できくとすごくいいと今更ながら気づきました。
 そしてあまりの素晴らしさに熱いものがこみ上げてきて、目頭が熱くなりました。・・・そう、わたしは気づいたら泣いてたのです!
 これまでいろんなアーティストのライブに行ってきたけど、歌でこんなに感動するなんて初めてです!!!!!

 最後に「どうもありがとう」と言って隆一は去っていきました。
 わたしは今回のライブは一生忘れないと思います。そのくらいステキで感動したライブでした!


Blogでの感想はこちら

  1. 花の首飾り
  2. オリビアを聴きながら
  3. ブルースカイブルー
  4. YES-YES-YES
  5. 恋の予感
  6. Love is...
  7. 「いちご白書」をもう一度
  8. 真夏の果実
  9. LOVE(抱きしめたい)
  10. 恋におちて〜Fall in love〜
  11. スローモーション
  12. Virginity
  13. OH MY LITTLE GIRL
  14. 愛燦燦
アンコール
  1. I for You
  2. 深愛