松岡英明・nxt | xx (ネクスト・ダブルエックス)

2006/12/23 club asia (2nd Stage)

※曲順がよく分からないので、とりあえず仮掲載。曲名に自信がありません・・・(特にTV-NOiZ)→

オープニングアクト

開場がかなり押しましたが(^^;、会場のスペースが狭かったこともあって、割とすぐにライブが始まりました。
まずはオープニングアクトとして「TV-NOiZ」というユニットが登場しました。
”松岡英明ソックリな”ボーカルの「ハイフン」、DJの「TV-Yuuki」、ダンサーの「Noiz-ikachang」の3人組ユニットです。
これまでずっとTV-NOiZのライブに行きたいと思っていたけど、なぜか他のライブとかぶることが多くて一度も行けませんでしたが、今回はじめて見ることができました。

最初にスクリーンにTV-NOiZの紹介ビデオが流れました。ビデオの最後に「2007年、CDデビュー決定」と流れました。これは嬉しいビックリです!!!
そしていよいよパフォーマンス。1曲目は「TV-BOYS」。サビの部分の「We are TV-Boys」がが結構耳に残りました♪
ボーカルのハイフンさんがキーボードを弾きながら歌い、横の二人がいろいろパフォーマンスをするというスタイルでした。曲調もバリバリの打ち込み系ユーロビート系だし、イメージ的には”浅倉大介ソロ”みたいな感じですね。accessや初期のmoveみたいなカッコイイサウンド好きのわたしにとっては、この系統はかなりツボです!!!!!(^0^)
2曲目は「デンキジカケノコミュニケーション」。サビの「ビビビ」のところで、手を”キツネ”みたいに中指と人差し指を折って回すという振りがありました。この曲も結構いい感じですね〜。

今回初めてTV-NOiZを聞いたけど、期待通りにかなり良かったです。来年こそはフルライブに行きたいです。

2曲歌ったところでメンバーは袖に引っ込み、ikachangだけがステージに残りました。松岡クンライブ本編が始まるまでの”繋ぎ”のMCをしてくれました。
そこで「今日はスペシャルゲストが来てくれました!」と言うから、誰かと思ったら・・・なんとマイケルさんでした!(松岡クンのBlogによく登場していたマイケルジャクソンのそっくりさん)ターンして「フォー!」と叫んだりしてかなりおかしかったわ(^−^)
二人で少しトークをした後、再び舞台が暗くなりました。

ライブ本編

スクリーンに過去の松岡クンの映像がビデオの巻き戻しのように次々と映し出されていき、右下の時計が次第に0に近づいていきます。
0になたところで1曲目「Happy Birthday」が演奏されました。一曲目から誕生日を自分で祝ってきましたw
松岡クンは濃いピンクのサテンのシャツに濃いグレーのベロアのジャケットを着ていました。胸にはネックレスが光っていました。うーん、相変わらずカッコイイ!

今回のバンドメンバーはギター×2、ベース、ドラム、キーボードというシンプル目な構成でした。前回(デビュー20周年記念ライブ)とほぼ同じ人で、ギターが鈴川さんから稲葉智さんに変っていたくらいです。ちなみに稲葉さんとは「Kiss Kissツアー」で一緒に回っていた人だそうです。
アレンジは全体的に激しいギターを前に出したロック調になっていました。

続いては「Cute Girl」。この曲は結構好きなのでやってくれて嬉しかった〜!イントロ聞いた瞬間「キタ━━(゚∀゚)━━!!」と思いました。しかし2番の出だしのタイミングを間違えたみたいで、キーボードの人に「もう一回」と人差し指を立ててお願いしていました(^^;
出だしをとちるのは昔から変らないようですね〜。あと今回歌詞間違いが割と多くてちょっとおかしかったわw

冬なのに「真夏の誘惑」を歌いました。わたしがはじめて松岡クンをテレビで見たときにこの曲を歌っていたので、とても思い出深い曲です。続いては「STAR」。これも「真夏の誘惑」と同じアルバムに入っている曲です。

アフリカンっぽい太鼓の音が流れ、動物の鳴き声のSEが流れると、松岡クンはオカリナを取り出してリズミカルに演奏しだしました。松岡クンのオカリナといえば「Kiss Kiss」や「SHADE AND DARKNESS」みたいにゆるやかなメロディーのイメージがあったけど、こんなリズミカルなオカリナは始めて聞きました。
そして演奏されたのはなんと「Let Me Alone」でした!意外なアレンジでビックリです。最後のファルセットもしっかり聞けて嬉しかったです。

前半の最後は「天使」を歌いました。去年のバースデイライブでこの曲を聴いたときは正直ずっこけましたが(^^;、今年はしっかりと声が出てました!
そういえば今回のライブの前日、松岡クンがブログで「のどの調子が悪い」と訴えていました。でも松岡クンはプロだし、多分しっかりと治してくれるだろうと思ってました。
そして予想通り、それを感じさせない声が出ていたと思います♪

今回も着替えタイムのあいだにステージの後方にあるスクリーンにビデオが映し出されました。まあMCでしゃべりだしたら長いもんねw
モノクロで、松岡クンと親しい女性が喫茶店で会話をするという設定の映像でした。松岡クンは紅茶をオーダーして、二人の会話が始まります。(女性のセリフは字幕)
(ちなみにこのMCVは前半・後半と2回あったんだけど、どっちでナニをしゃべったかちょっとキオクが曖昧です・・・)
「誕生日はどうするの?」という問いに「ライブをしてファンの人たちと過ごす」というようなことを話していました。
そして”誕生日の12月23日は冬である”という会話になり、「今年の冬はスゴク寒い」と松岡クンが言うと、会場がざわめきました。(注:2006年は暖冬)そこですかさずわたしの近くにいた人が「そりゃ半袖なんか着てるからでしょ」と突っ込みを入れていてかなりおかしかったですwwwそう言われれば映像の中の松岡クンは黒の半袖のTシャツ姿でした(^0^;
でも松岡クンは「冬といえば暖炉とか暖かいものがたくさんあっていいね」と。そして「自分が生まれた季節が結構好きだな」と言っていました。
MCVのあとは「あの恋のメロディ」のPVが流れました。そういえばこの曲は「発明将軍ダウンタウン」のエンディング曲だったのを思い出しました。番組の最後にちょろっとPVが流れていましたね。懐かしい〜!

後半は事前の予告どおり、11月のライブでも着ていた王子様系ファッション(白のヒラヒラブラウスに茶色の王子様コート)姿で出てきました!髪の毛はしっかりとセットしていましたが、最後は乱れてましたねw
前回はじめて見たときはすごいビックリして会場も「うわ〜萌え〜」という雰囲気になっていましたが、2度目はさすがに慣れたみたいで何も感動がありませんでした(^−^;
それでも王子様系の松岡クンは”激キャワ”ですね☆

まずは「レッド・ムーン」。超懐かしいですね〜!意外な選曲でビックリしました!

「バニラ」は今回のライブで初めて聞けました。いまさらながら、この曲はすごくカッコイイなと思いました。
新曲の「スリル」もかなりカッコいいアレンジでした。

「Mysterious Stranger From Mars」「LOOK@ME」は今回のライブで絶対聴きたいと思っていたのでやってくれて本当に嬉しかったです(^^)思わず狭い中を飛び跳ねてしまいました。

アンコールでは、今回も「Toys Club」の20周年記念Tシャツを着ていました。
まずはメンバー紹介をし、MCがありました。
「前回のライブは松岡英明の黄金期であるエピックソニー時代の楽曲をプレイしましたが・・・」というと、観客の反応が「アワワ(;゚д゚)」という感じでちょっとおかしかったですw何人かが「今も黄金期だよ〜!」としっかりフォローしてくれました!うん、ワタシにとってはあるイミ”今が黄金期”だと思います☆こんなに松岡クンのライブに行ったりしてますし(^^)

今回もラストは「NEXT SENSATION」です。

メンバーが袖に引っ込むと、先ほどの女性との会話の続きの映像が流れます。
女性がタバコを吸いだすと、松岡クンは「よくそんなの吸えるね〜!?」とタバコを手に取り、火をつけずにくわえて息を吸い込みました。すると「ダメだ」と元に戻しました。松岡クン今はタバコ吸ってないんだーとあらためて感心しましたw
それから、照れ隠しで「ニャハッ☆」と小声で言ってるのがスゴクかわいかった〜!
「クリスマスの予定は?」と聞かれると「ずっと忙しかったので旅に出たい・・・ひとりで」と言っていました。
「サンタクロースは信じてる?」という問いについては「信じてる」という答えが返ってきました。「子どもの頃、朝目覚める前に”シャンシャン”と鈴の音が聞こえてふと目が覚めたら、枕元にプレゼントが置いてあった。だから信じてる・・・ホントウは両親がそういう演出をしてくれたんだと思うけど、そうやって夢を見させてくれるのが嬉しい」と言っていました。
「では子どものころの自分に何をプレゼントしたい?」と言うと「今の自分を見せてあげたい。その子が17歳になったとき、「Visions of Boys」という曲を書くことになるように」と答えました。
「もし子どものころの自分に会ったら、なんて声をかける?」と聞かれると「”遅かったね?”と言いたい。”ボクはキミのコトをずっと待っていたんだ”というイミで”遅かったね?”」と。
そして女性は「そろそろ行くね」と席を立ちました。松岡クンは「ボクは待っている人がいるから・・・」とその場にひとり残ります。
しばらくすると松岡クンは立ち上がってテーブルの脇に立ちました。そして「遅かったね?」と正面に向かって手を差し伸べました。
差し伸べた手がアップになったところで映像が終わりました。

「すべてはキミの瞳の中に」のPVが流れた後、スクリーンには「fin」の文字が流れました。
これでライブ終わり?(^^;なんて思ったら、まだまだ終わらないみたいで場内が暗いままになっていました。

そのうちバンドメンバーと松岡クンが出てきました。松岡クンは黒のTシャツに着替えていました。
と、ここでバンドメンバーが間髪をいれずに「Happy Birthday」(持ち歌じゃない方)を演奏しました!松岡クンはビックリしてかなり感激していました。
マイケルがロウソクのついたケーキを持ってくると、松岡クンが火を吹き消しました。

「いつもライブの最後に歌っている曲をやりたいと思います」と言って歌ったのは「Boys in a Bad Town」でした。ここでDJ-Yuukiとikachang、マイケルの3人がダンサーとして出てきて場を盛り上げていました。この3人がかなりおかしかったあw
演奏の終わり際に松岡クンが「みんなで一緒にジャンプしよう」ということで、曲の終わりにあわせて松岡クン・観客共にジャンプをしてライブを締めました。

松岡クンとメンバーがステージを去り、またまたikachangがステージに現れました。するとグッズを持ったマイケルが登場!が、持っていたグッズ類をikachangに無理やり持たせていましたwそしてマイケルがグッズの説明をはじめました。パンフレット、ポーチ、写真・・・そして「TV-NOiZ」のDVDを紹介したあと、DVDを床に落として去っていきました。マイケルwww

ちなみにライブ後の物販にはDJ-Yuukiとikachang、マイケルの3人が売り子をしていました。DVDが売れるたびにDJ-Yuukiとikachangが「DVD、DVD!」と喜んでいたのがおかしかったわ(^〜^)

ライブの感想など

今まで聴いたことがない曲が多かったのが嬉しかったです。ただ「Visions of Boys」ははずして欲しくなかったかな(^^;
でも「TV-NOiZ」は期待以上にかなり良かった!!!!次こそはライブ行けるといいな☆
ところで、新曲がたくさんたまってきたと思うけど、CD化はまだかしら!?早くアルバム聴きたいですね!
あと箱が狭すぎでイロイロ大変だったので、次はもっと広いところでやって欲しいですね。
それにしても松岡クンはカワイすぎる!!!!!(*´д`*)


Blogでの感想はこちら

Opening Act: TV-NOiZ
 TV-BOYS
 デンキジカケノコミュニケーション

Opening Video

Happy Birthday
Cute Girl
真夏の誘惑
STAR
Let Me Alone
天使

MCV
あの恋のメロディ

レッド・ムーン
バニラ
スリル
新世界
Here Comes the Wild Style
Mysterious Stranger From Mars
LOOK@ME

新曲
NEXT SENSATION

MCV
すべてはキミの瞳の中に

Boys in a Bad Town