河村隆一・"Sora"

2010/03/06 渋谷C.C.Lemonホール

ツアー最終日は晴れ予報だったのに、なぜか小雨がぱらつく天気でした。
さすがは隆一!(笑)
でも今日ばかりは雨男が幸いして花粉があまり飛ばなくて良かったんじゃないかな☆

会場が暗くなるとまずは葉山さん以外のサポメンが位置につきます。
続いて葉山さんがピアノに座り、最後に隆一が出てきました。

「大空の記憶」

照明が暗いままイントロが流れ、歌いだしと同時に客席に向けてまぶしくて目が開けられないくらいのライトが照らされました。
光が止むと、隆一の姿がくっきりと見えました。

隆一の衣装は黒いギャザーの縦ラインがついた白いシャツ、黒の薄手のヒラヒラのロングコート、金色のベルト、濃紺のジーンズをエナメルのブーツにINしてました。
(ちなみにシャツの袖口はダブルカフスになっていました。コートの左腕の上腕部あたりにファスナーがついていました。)
アクセはアレキサンドライトのネックレスとリングをしていました。
髪型は今日は73分けの”鬼太郎”でした。個人的に鬼太郎ヘアが大好きなんですごく嬉しかったです!

隆一の歌声は今日も素晴らしいです!!!!!!

サポメンは左手後方からSAX:Yukarieさん、ピアノ&キーボード:葉山さん、ドラム:沼澤さん、ベース:沖山さん、コーラス:川村さん。手前左手にギター:福田さん、手前右手にギター:YOUさんという並びでした。

「Brilliant Stars」
宝石が輝いているような白い放射線状の光がいくつもある照明が印象的でした。

「やどり木の下で」

「朝日に許され」
マイクスタンドを両手で持ち上げてかがんだり、スピーカーに足を乗せてマイクスタンドを片手で斜めに持ったりしてかなりロックな雰囲気で歌っていました。
目つきも”RYUICHI”っぽくて超ヤバかったです(>▽<)

隆一「「抱きしめて」は6年間あたため続けた曲です。今回コラボ小説を書いてもらうにあたって、みんなが持っている曲へのイメージが小説と違ったら・・と心配したけど、小説によってまたイメージが広がりそうです。」

「抱きしめて」

「薔薇とプリンシパル」
ウマくいえないけど、こういう打ち込み系の曲だと動きが宇都宮隆っぽいなと思いました(笑)

曲が終わると隆一が袖に引っ込み、続いてサポメンさんも全員引っ込みました。

しばらくすると、隆一とギターの福田さんが出てきました。
隆一はトップスをストールのついた白いシースルーのシャツに着替えていました。シャツから覗くお腹が超セクシー(*´д`*)
シースルーって間近で見るとこんなにもエロいのかと思いました(笑)

隆一「押尾コータローさんが作ってくれた曲です、聞いてください。」

「草笛」

隆一「今日はがっちゃんがいませんが、福ちゃんと二人でマイクをはずして歌いたいと思います。」

「Love is...」
ワタシは近くで見ていたので当然隆一の声がよく聞こえるのだけど、この声が会場の後ろまで届いているのだと思うとすごいなあと思いました!

葉山さん以外のサポメンが戻ってきて、ピアノに隆一が座ります。

隆一「みんな一緒に歌ってください」

「Song for you」
隆一がピアノを弾きながら歌います。ピアノを弾きながらでも隆一の歌声は素晴らしいです☆
前のカウントダウンの時と比べるとかなりリラックスして弾いているなという印象を受けましたw
サビの部分をみんなで歌いました。

歌い終わるとピアノの椅子に座ったまま、隆一がはじけんばかりの満面の笑みで客席を見ました!
この笑顔がめちゃくちゃかわいくて、ワタシはノックアウトされました(*^−^*)

葉山さんがステージに戻ると、隆一は葉山さんを抱擁で迎えました。

会場が暗くなり、葉山さんのピアノソロが響き渡ります。

「Glass」
この曲は何度聞いても素晴らしいです!隆一はこういう曲がとても似合うなと思います。
間奏の「うお〜」のロングトーンはとても長くてすごかったです。

隆一「他のアーティストの曲を歌うことによって「河村隆一」の新しい魅力が生まれると思います。「言葉にできない」はCorinさんという人が作ってくれました。」

「言葉にできない」
このあたりからか、肩にかけたストールがずれてチクビがあらわに!!!!!
すごく一生懸命いい曲歌ってるのに、チクビ透けてるのが面白かったです・・いいぞ、もっとやれ(゚∀゚)

隆一「一日一日が人生最後の日だと思って大切に生きていきたい」

「最後の口づけ」

隆一「東京盛り上がって行こうかぁ!?盛り上がって行こうかぁ!?」「Next Song 「光のカゴ」」
わっ、「Next Song」とかwwwww
ていうか、これだけ煽っておいて「光のカゴ」なんだね〜・・いや、「光のカゴ」は個人的にアルバムの中でいちばん好きな曲ですけどw

「光のカゴ」
この曲の時だったか?隆一は福田さんにかなり近寄って見つめながら歌っていました。

「残された記号」
「Fly away」

隆一はモニタースピーカーに足をかけたり、足踏みをしたり、手拍子をしたり楽しそうに歌ってました。

「淋しい時はいつも」
最後のサビの部分はお客さんにマイクを向けていました。

このあたりで、ずれていたストールを直しました。チクビ隠れたw

隆一「「sora」というアルバムは、人は生まれたときから孤独であるというのをテーマにして作りました。孤独であっても、友情や愛情、そしていろんな人たちに支えてもらっています。」
「すごく気持ちがいいです!今日もみんなが僕に酸素を送ってくれます!あと10日間くらい、なんなら昼夜ライブやりたいです!」

「Last Night」

「愛は」
この曲の隆一の歌声はいちばん迫力があって圧巻でした!
ワタシは隆一に段々と吸い込まれていくように感じました。

歌い終わった後、胸に手を当て深いお辞儀をし、ステージ袖に引っ込みました。
後奏の後、メンバーも袖に引っ込みました。

(アンコール)

メンバーに続いて隆一も出てきました。
隆一は襟が黒い革っぽい素材のグレーのジャケット、白いブラウスに衣装が変わっていました。
なんかさっきまで色々露出していたのがなくなって残念(><)(笑)
アクセサリーはフルートにかわっていて、少し吹いてくれました。

隆一「笛(ジェムフルート)は夏は虫が寄って来そうだから吹かないでねw」

「I love you」
モニタースピーカーに足をかけて歌います。

「ジュリア」
川村さん、Yukarieさんもジュリアダンスしてました。
最後の大サビの前に福田さんとYOUさんがジャンプするのがかわいいです。

隆一「少し前に亡くなった親友を思って書いた曲です」

「your beat」
歌詞が友人に語りかけるような感じで、優しい顔をして歌っていました。

(ダブルアンコール)

隆一「近いうちに次の活動が発表されると思います。楽しみにしていてください」

「深愛」
最初ののサビの終わりは「涙が溢れそう今夜」とまたもや替え歌してました。
最近この替え歌がお気に入りみたいですね。

隆一「次はCHICAGOをやるので、みんな来てください。」「みんな愛してるよ〜バイバイ!!!!!!」

隆一とサポメン全員がステージに集まり、みんな手を繋ぎました。
隆一が生声で「どうもありがとう!!!!!」と言うと、みんなでお辞儀をしました。
隆一は誰よりも深くお辞儀をしていました。

サポメンみんな袖に引っ込み、隆一ひとりが最後ステージに残りました。
別れを惜しむようにお客さんに手を振り、そしてステージから去っていきました。
会場には「Stop the Time Forever」がSEで流れました。

ライブの感想

今回のライブは5列目のどセンターで見ることができ、隆一がとても近かったです!!!!!!!!!
衣装の細部までハッキリ見えました。
正面だったのですごく見やすいし、音もかなり聞きやすかったです。
目つきをはじめ表情がくっきりと見えて、なんだかテレビで見ているような気分です。
でもお約束ですが、隆一と何度も目があったような気がします(笑)

歌はいつもながら、ホントに素晴らしいです!!!!!!
隆一の歌声はとても美しいし、それでいてとても迫力がありました!
個人的には隆一の高音の声がとっても大好きです。

ずっといつまでもここで隆一の歌声を聞いていたいなと思いました(^−^)

隆一の衣装は、事前に大阪や名古屋のレポを読んで「シースルーにブーツインて絶対うけるw」と思っていましたが(笑)、実物を見ると意外と変じゃないなと思いました!
間近で見ると、いい服を着てるんだなとハッキリと分かりました。

今回ピアノ&キーボードで葉山さんが参加してくれたのがとても嬉しかったです!
隆一の後ろで演奏する葉山さんが大好きです!!!!!
個人的には葉山さんにはもっと激しいプレイを見せてほしいなと思いましたw

あと、今回のツアーで隆一が「照明に力を入れた」と言っていたとおり、照明が凝ってて良かったです☆

今回のライブで隆一にすべて持っていかれました(笑)
だけどこれからしばらく隆一に会えなくて寂しいな(><)


関連ブログ記事
CCレモン1日目 →CCレモン2日目 →CCレモン3日目